利用者様の声

思い込みを変えると

2016/11/27

こんにちは

あおきゆりこです。

今日はグループスタディ、ベーシックの4回目です。

ビリーフチェンジの日

数百とあるビリーフの中のほんの1つくらいチェンジしてもね。

ってことなのだけど、その1つをチェンジすることで、ダダダダーっと、他のものも変わっていく場合も多々あります。

さてさて

そんなビリーフチェンジを経て、アドバンスコースで、傷の痛みの根っこと向き合ったメンバーたちからの感想をいただいております。

1はアドバンスを受講してどんな気づきがありましたか?

2は自由に感想を

という設問になっております。

掲載OKの方のみ、シェアさせていただきますね!

 

①アドバンスを終えて

ベーシック終わった時には気付いていなかったのですが
まだまだ腹の底から主人を許せていなかったこと
そして、また傷をほじくり返し
向き合った事で、ようやくわだかまりが解けたような感じです。

渦中の時のことを忘れたと一点張りの主人に
※発覚から1年半、親を巻き込んでの離婚騒動にもなったのに
10回以上の水面下を繰り返し私を裏切り続け腐りきっていた事
悪質極まりない
お前は自分のした事をきちんと理解しなければならない。

と、ずっと思っていたのですが
今は、主人が思い出そうが思い出さまいが
どうでもよくなりました。

今日、帰って
主人が晩ご飯を用意してくれていて
毎晩の乾杯の後に
主人に「卒業おめでとうございます
その節は、ごめんなさい」と言われて

きょとんとしてしまいました。
そう、自分が何の勉強に行ってたかも忘れていて
そっか、この坊ちゃんの悪さのせいで
通っていたのかと気付いて
「そうだったねえ」と
二人で大笑い

ゆりこさんがブログでいつも言っている

いつか笑って話せる時がくる

こういう事かと、実感しました。

②本当に本当に大きな愛をありがとうございます。
感謝しかないですね。これからも一緒にいろんなこと楽しみたいです。
末永く、宜しくお願い致します。
そうそう、もっくんの永い言い訳
ぜひ、ゆりこさんにも観て欲しいです。

Mちゃん

 

1.アドバンスを終えての気づき

自分で一番認めたくない、でも一番こだわっていた部分をあぶりだして、自分が自分を嫌いだった理由をはっきり思い出して、とても辛かったけれど、そこと向き合ってとことん落ちて、久しぶりに泣いて。

そうしたら、もう自分で自分を許そうと思えました。もういいかな、と。

激しい自己否定と自己嫌悪感を持ってずっと生きてきたから、必要以上に頑張っていろんな鎧を着なければ自分を保っていられなかった。

でも、どんなに頑張っても、私なんか幸せになってはいけない、とずっと思っていたのだと。

そこに気づけて、少しづつ鎧を脱いでいったら、両親はじめ、いろんな人に愛され、許されて生きていたのだと気づけました。

私の人生、捨てたものではなかったな、と、自分で自分を不幸にしていただけだったのだな、と気づきました。

2.

アドバンスは本当にきつかったです。

正直、深く潜るのはすごく怖かった。

心の底では、それが出てくることがわかっていたんですよね。だから、怖かった。

でも、自分を許そうと思えて、みんなにシェアできて、みんなが温かくて、とても嬉しかったです。

どんな私でも認めてくれて変わらずにいてくれる仲間を得られる場を提供してくださって
本当にありがとうございました。

電話からグループカウンセリング、そして対面カウンセリングとすすんで、やっと申し込んだスタディ。

スタディのようなグループでの継続的な場に参加してはいけない、とずっと思っていたので、
一歩一歩でしたが、私には必要なステップだったのだと思います。

全てが必要な時間で、タイミングだったのだと思います。

今までの私は、まさしく逃避していたんですね。

なんとなく傷や怖さをわかっていながら、見ないように、なかったことにしてずっと蓋をして
生きてきたんですね。

これからは、逃げずにしっかり向き合って、怖さや傷を認めて共に生きられるようになることが目標です。

自分だってたいした人間じゃなかったな、夫とどっこいどっこいかも、と思った時は、思わず笑ってしまいました。

今まで、どれだけ上から夫を見ていたんでしょう。

こんなこと、一人では絶対気づけなかった。
本当にありがとうございました。

あの時思い切ってスタディに申し込んで、仲間に出会えたこと、必然だったのだと今ははっきりわかります。

辛くてどうしていいかわからなくて、ひたすらネットでブログ巡りをしていたころ、ゆりこさんのブログにたどりついて、少しづつですが行動していった自分を褒めてあげたいです。

Yさん

 

Q1
夫という1人の人に愛されていなかったと感じ、自分は価値のない人間で誰からも愛されるはずはないと思っていた怒りと悲しみの日々がありました

アドバンスを終えた今、私はこんなにもたくさんの人の愛を受けて生きてきたんだということを心から実感できました

そして自分の中にもこんなにも愛があったのだということもわかりました

そんな自分をこれからはもっももっと大切に愛していきたいです

そして不倫によって失ったものは実はほとんどなくこれからいくらでも取り戻せるものばかり
私にはきっとこんなことがあったからこそ得たものの方がこの先多くなっていくと思います

Q2
私もYさんも大好きなTHE YELLOW MONKEYの『楽園』という歌の中にある歌詞です

過去は消えないだろう未来もうたがうだろう
それじゃ悲しいだろうやるせないだろう
いつも僕らは汚されて目覚めていく
MAKE YOU FREE 永久に碧く…

Yさんとこの歌詞に涙したのがつい数ヶ月前

アドバンスの最終日、懇親会の後
Yさんは証拠のSDカード、私はゆりこさんに初めての対面カウンセリングの時に読んでいただいた発覚当日に書いた夫への怒りと悲しみの手紙のコピー(夫へ渡した原本はとっくに処分していると思います)をみんなに粉々にしてもらいました

私は当初3年は手元に置いてそれまでにどうにか夫婦関係が良くなればその時に処分しようと思っていたのですが
アドバンスを終えた今、ふたりとももういらないよね…ということで

スッキリしました(o^^o)

Hさん

 

1.
夫の不倫で苦しい苦しいって思っていた事も実は子供の頃の傷がうずいてるのであって、夫は、スイッチを押してくれたんだという事がわかりました。

それと、夫婦であっても夫は他人、私ではなく価値観も違うのに相手を思い通りにしたいとの気持ちから夫の事をコントロールしているコントローラーだった。

2.
子供の頃にうけた傷(いい子にしてないと捨てられる)が心の底にあり人と接する時も、いつも、おどおどして顔色ばかり伺ってた。

何に対しても自信がないから発表する時人の話なんて聞けなくて何て言おうって考えてて…でも、自分の番がきたら頭の中真っ白になっちゃって

でも、ゆり子さんが優しい眼差しでうなずいて聞いて下さって嬉しかったです

Cさん

 

Q1
自分と向き合い、自分の傷に気づいたことで、自分のことを初めて愛おしい存在だと思えました。

人から認められなくては、好かれる人でいなくてはとずっと思ってきたことに気づいて、そうしたら、自分が自分のことを認めることや好きでいることができていなかったのだと分かりました。

ずっと自分に自信がなかったのです。

自分自身に対し、本当によく頑張ってきたねと心から思えました。

両親をはじめ、まわりにはたくさん私に愛情を注いでくれた人たちがいることにも気づけて、今は感謝の気持ちでいっぱいです。

被害者意識を手放すことに不安や恐れがあり、ずっと手放せずにいたのですが、アドバンスが終わったら、もういらない!と思えました。

被害者意識を持つことで、いつでも夫を責めても問題ないのだと自分を守ってきたように思います。

そのことに違和感を感じはじめ、私の望む夫婦の関係にこれは必要ないものだと気付きました。

夫の愛情をそのまま受け止めて大丈夫、私も自然に思うままに愛情を注いでも大丈夫なのだと気付きました。

Q2
ゆりこさん、本当にありがとうございました。

今とても楽になりました。

ベーシックが終了した時よりも、さらに楽になりました。

こんな気持ちが味わえるとは思ってもいませんでした。

自分を好きになるため、もっと楽に生きるために不倫問題が起こったのかなと感じています。

たくさんの価値観で自分を苦しめ、生きづらくしていました。

少し鎧が外せたと感じた今、本当に楽になりました。

いつも先の不安を持っていましたが、この先どんな問題が起きても、問題と向き合い、自分と向き合い、自分の傷を知って乗り越えていけるから大丈夫なのだと信じることができました。

家の中の雰囲気もあたたかいのです。

夫も楽しそうだし、息子も楽しそう、そして私も楽しいです。

ひとりでは気づけなかったことばかりです。

ゆりこさんのもとに集まる方は、本当にあたたかい方ばかりですね。

一緒に学んできた皆のことが、愛おしいです。

皆の幸せでいてほしいなぁと心から思います。

ゆりこさん、たくさんの学びを、たくさんの愛をありがとうございました。

遠く感じていた東京が、毎月通ううちに近いなと感じるようになった自分にびっくりします。

Tさん

 

1
  生きたいから 生きる

2
 ゆりこさんへ。

アドバンス二回目が終わってから三回目を迎えるまでの間、やたら寂しくて、悲しくて…三回目が来なければ良いのにと思いながら、その現実と真っ正面から向き合うのを避けていたように思います。

ゆりこさんのもとで学び続けないと、また以前の、厳しくて、全ての物に白黒つけたがる自分に戻ってしまうのではないかと…私はマスターに進めるかまだ分からないので。

今も不安なんですけど、そんな不安の中にも、
一緒に学んだ友、
ゆりこさんの言ってくれる「大丈夫!」、
たとえ頭で忘れてもしっかり覚えている私の優秀な潜在意識ちゃん 等々
たっっっくさんの味方がいるから、未来は大丈夫なように出来ていると感じます。

これから先つまずくことがあっても、大丈夫(*^^*)

ゆりこさん、ゆりこさんに出会えて良かった。ともに学ぶ仲間と出会わせてくれてありがとうございます。

生きていて良かったです。

また会いましょうね~~♪

あさちゃん

 

Q1.
→仲間の大切さ、全ては愛、自分を大切にする事が幸せに繋がる、幸せになるようになっている。

Q2.
→全ては愛♡  一言で言うとこれを教えて戴きました。
人生最悪の時に最高の場を与えて下さり、有難う御座いました♡

なゆさん

 


そのままの私で良いこと。

変わりたいと思い参加したけど、自分を受け入れた上での変わりたいと、否定した上での変わりたいでは全く違うこと。

自分を受け入れたら、別に変わらなくていいじゃん!って思いびっくりしました。

無理なのに別の人間になろうとしてたから、ずーーーっと苦しかったんだなと。

意識がほんの少し変わるだけで、世界は全く変わって見えること。

愛は回りにたくさん溢れていた。

ゆりこさんがいつも言ってるように、1人では限界があるけど、仲間と歩く事によって無限であること。


あっという間の8ヶ月でしたが、これからの人生の大きな大きな8ヶ月となりました。

無言電話2代目の称号まで頂き(笑)

あの頃の私が信じられない位、大きな気付きを得られました。

1年前なにがなんでもゆりこさんに会いに行こうと思った私にありがとう!

出逢ってくれた仲間にありがとう!

何よりあの場を作ってくれたゆりこさんにいっぱいありがとう!!!

胸が一杯でこの感謝をどう書いて良いか、わかりません((T_T))

本当にありがとうございました。

のぞみさん

 

1:
自殺願望がなくても自己否定してた自分の潜在意識。

私は本当に頑張っていてくれたんだということ。

よく、頑張るのは嫌いと口にしていたのは、それほど頑張っていたんだということ。

自分を解放すると、楽になるし回りもよく見渡せること。まだまだ解放途中です。

人のことはコントロールできないということが、体感として理解できたこと。これはベーシックかも。

心の底からどっちでもいい、何でもいいと思えた時に何かが起こること。自分はここがまだ今一つな…。

2:

心からの感謝と愛を送ります。

当初、私は、こんなことなんて起こらなくて、お互いに妥協してそこそこの幸せでよかったのに。と思ってましたが、今は、少し前まで、もっと幸せをつかみたいと思っていた時以上に最上級の幸せ(私の場合悟りを開けたくらい\(◎o◎)/)を感じたいと思ってます。

それくらい幸せになれるなんて驚きです。

このあと、ゆりこさんとどう繋がっていられるんだろう?!は、心の呟き。

Kさん

 

Q1 : 自分のことは実は殆どわかっていないという事を理解できれば、

相手のことも理解しようし、お互い違う価値観を持っていることも受け入れられると思いました。

その上で、〜でなければいけない、〜しなくてはいけないという価値観を緩めていくと

人をコントロールすることもなくなり皆んなが楽に自由になれるんだと気付きました。

そして、感謝することが自分を大事にし幸せを手にすることができ、周りの人たちをも幸せな

気持ちを得ることができるのだ、と思いました。

Q2 : ゆりこさんの、どんなに大きな傷を負う出来事があっても大丈夫! と言える根拠の説明を聞いて今後の人生を生きていく上の勇気をもらい、自分の持っている可能性や新しいエネルギー発見に繋がるなと思いました。

自分を大切にして今をしっかり生きて、輝く未来を作っていこうと決意できました。

そこにはもう夫依存の私の姿はなく、自分の人生は誰のものではない、私のものよ!と

確信した私がいます。

きっと私の未来は、キラキラだわー 楽しみです。

ゆりこさん、スタディからの7ヶ月間、本当にありがとうございました。

Aさん

 

Q1
人にはそれぞれの価値観があり、それは本当に無限であること。

自分の中にある深く刻まれた想いがあるということ。

自分の事は本当に分からないなぁ~と。

そして感謝。

Q2 

本当にありがとうございました。

1年2カ月前、ゆりこさんのブログを見つけグループカウンセリングに思い切って参加。

そこから、スタディにも何のためらいもなく申し込みました。

ベーシックの1回目終了後、旦那に正直にこういう講座に行っています。と言えた事。

それまでは言わないか、何となくごまかして講座などに出掛けて行ってた私にとって
それはとてもとても勇気のいる行動でした。

何せ渦中だし、女からは旦那さんとさっきまで一緒にいましたよ!とメッセンジャーが
来てた時でしたから。

あの時の私は、こそこそ動いてたのですね。

私は悪いことなんかしてないのに。

でもその勇気の一歩から、背筋を伸ばして顔をあげて歩く自分がいました。

あの一言を言った自分を今思い出したら褒めてあげたいと思いました!

そして一緒に取り組んで来た仲間。

ベーシック、アドバンスと共に学んできてどんな気持ちも受け入れてくれた温かい人達。

皆んな、それぞれ夫婦の事情、あり方は違うけど不倫された事はやはり悲しい、苦しかった。

そして今も、皆んな色んなおもいがある。

そんな仲間のシェアでも、自分が苦しくなる事もあった。

でもそれも打ち明けてもいいのだと。彼女たちの一所懸命さもわかるから。

受け取りたいけど受け入れたくない自分がいました。それは他人と比較していたのだと気付きました。羨ましい、悔しいの気持ちもありました。

でもそこから又自分に向き合え、自分の気持ちに寄り添う事もできました。

土曜日のアドバンスを終えた翌日シャワーを浴びながら、声をあげて泣きじゃくりました。

よく分からないけど、色んな気持ちが湧いてきて。

でも、シャワーの出しすぎー!(苦笑)

と思いながらも、涙が枯れるまで泣きじゃくりました。

色んな想いの自分が好きになりました。

優しい気持ちになんだかなりました。

そしてその日、予定していた講演会に向かいました。
「みんなの学校」という映画の中に出てくる校長の木村泰子さんの講演会。会いたかった人

彼女か登場しただけで又涙が溢れました。

お話もすーっと入ってきました。

余談でしたがその1日の流れに優しい気持ちが溢れ
娘や旦那の想いを聞き、私の想いも伝えられたと思います。

余談のようですが最終日の講座の前日から、というかそういうになっているんだなぁ~と
感じたので感想として書かせて頂きました。

Nさん

次に続きます。