利用者様の声

あれから半年・・・

2014/05/27

こんにちは

あおきゆりこです。

去年の10月にワークショップに参加くださったAさんからメールをいただきました。

ゆりこさん

ご無沙汰しています。

あれからもう半年なんですね。。。

ワークショップに参加して、あのなんともいえない温かい空気?

とっても居心地がよくて、このまま時間が止まってしまえばいいのに。

そんなふうに思ったのを今もしっかり覚えています。

ずっと電話で声だけだったゆりこさんと会ったとき、

実在するんだ!!!!!
なんてことも思ったのです。

想像していた通り、いいえ、それ以上に愛の人でした。

あの時教えていただいたワークで、
何かあったときには、絶対やっているものが1つあります。

(中略)

不思議ですよね。

どうして、なくなるのだろう?あの嫌な想い。

無になっていると、最近はいろいろなメッセージがきけるようになってきました。

ゆりこさんがいつもおっしゃるように、顕在意識には残っていなくても潜在意識では残っているから、なにかあったときには、思い出すようになっている。
というのが、本当によくわかるようになりました。

またお会いしたいなあと思います。

都内の人はいいなって思うのですが、新幹線だと数時間なのだから、行けばいいのですよね!

半年前よりは、明るくなっている私をみてほしい。

そんな気持ちでいるので、再受講どうするか悩み中です。

また大阪きてほしいな!

こちらに来られる予定があれば、教えてほしいなあと思います。

お忙しいと思いますが、ご自愛ください。

Aさんありがとうございます!

絶対やっているものがあるというのは、素晴らしいですね!

とにかく、頭の中でしっかり関連付けることです。

何かあったら、このワーク!って。

そして再受講を検討してくださっているのですね!

これもうれしい限りです。

同じ内容であっても、時期が違うと自分の成長を感じることができたり、

あの時はスルーしたことが、今度はフォーカスしていたり。

また私も成長していますので、新しい話もできますし新しいワークも行います。

そして、大阪にはってことですよね。

もうね、年内には何らかのものを持って参りたいと思っています。

大阪でなくても西側の方で、何かしたいと思って時期を練っています。

ありがとう(*^_^*)

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

さてさて、ある方にご質問をいただきました。

同じ疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますので回答を下記に。

スタディと、コミュニケーション講座と、このワークショップはどう違うのですか?

ややこしいですよね。

☆グループスタディは

今回は4週間ごとに開催していて、5回コースとなっています。

これは、人が幸せを感じて生きるための基本の講座です。

手前味噌ですが、かなり5回のつながりがスムーズかと思っています。

人間関係、とくに家族間において大切になってくる境界線の話しから始まり、軸をいれてのコミュニケーションとは。という実践的なものと、意識的な観点からのお話

この二回目のコミュニケーションを、切り取り、少し改良したものが、来月開催のコミュニケーション講座です。

これは、夫婦をやり直す上でとっても大切なスキルになるので、ここだけでも必要だと思う方に提供したかったんです。

そして、エネルギー、潜在意識、波動といったものを物理的な見方からスピリチュアルな見方

そして、次回は人の行動は無意識にあるビリーフというものに、すべては影響されていて、そのビリーフが行動を促すものならいいけれど、制限するものであるなら、チェンジしちゃおう!
というワークです。

私の中では、最も効果のあるものでしたので、当初の予定を大きく外れ時間も変更し、一人ずつ全員にセッションすることになりました。

今は、メールのやりとりで、一人ずつビリーフを出している最中です。

そして、ラストは未来へ向けてのワークなどですね。

とまあ、基礎中の基礎講座となります。

ここの目的は、知らないことを知ってもらう。

体感してもらうことに重点をおいているのと、ガチガチに頭を使うのではなく、柔らかいアプローチで、潜在意識に深く残るような手法にしています。

また、仲間とのコミュニケーションが深まることで、孤独感がなくなるなど、人生で最幸の出会いの場となる可能性も作っています。

☆コミュニケーション講座は、上記に書いたとおり、スタディの二回目の切り取りです。

☆ワークショップは、いろいろな方をみてきて、みなさん願いがあるわけです。

夫とうまくいきたいとか、もっと楽に生きたいとか。

どんな願いも叶うという前提があるとしても、そんなの信じられないでしょ?

それは当然ですよね。

今の状況が状況だもの。

でもね、叶えて行く人もたくさんいらっしゃる。私も含めて。

それは、心の中を軽くしていく作業に意識を向けるかどうか?

なんです。

夫の不倫とか、その他いろいろな問題を抱えていると、ズシリと重い心と毎日共にしています。

それは、慣れてしまう前に取り去ることなんですね。

これは、相手がどうとかではなく、すべて自分がすることなの。

それらの方法をお伝えしているものです。

頭はいりません。

心と体は、密接につながっているので、ワークの連発で感じて頂く場としています。

スタディでは、理論も話す時間をとっていますが、ワークはやりません。

ワークショップでは、理論より実践重視で、家に帰っても一人でできるようにしています。

そして、ここでも潜在意識にアプローチするワークが中心なので、時間がかなり経過した後に、ふと、そういえばあのワークショップでやったことって、こういうこと。

って腑に落ちたりするんです。

気づけた時には、変わろう!なんて頑張らなくても、もう変わってる証拠です。

また、私はエネルギーの使い方を重要視していますので、エネルギーとは?

を、これも体感していただきます。

これは、仲間が必要で仲間が出すエネルギーと、自分のエネルギーとの共鳴を感じて、なぜかわかんないけど、涙が出るっていうものを味わえるんです。

そうやって、共鳴した仲間は大切な存在になっていきますね^ ^

たった一日の出会いでも、一生の出会いになる可能性があるってステキでしょ?

という感じで、スタディとワークショップは別物で、コミュニケーション講座とワークショップも別物です。

不倫問題にどっぷり浸かって悩んでも解決の道は見え辛いです。

急がば回れ。

自分のコアからの自然な変容を促す道の方が結局は楽に生きることができるし、楽になることで、家庭にいいエネルギーが満ちていきます。

即効性を期待する人には向かないけれど、実践して、簡単に変わっていきたい人には価値のあるものだと思っています。

ピンときた方、お会いできるのを楽しみにしています。