夫婦再生のヒント

イカレポンチだった夫

2016/09/18

こんにちは

あおきゆりこです。

不倫というテーマでブログを綴りだしてから、丸9年が経ち、10年目に突入しました。

10年です。

長いね〜〜^^;

いったいいつまで、ここに留まるのだろう?

何をやっても飽きてしまう。

続かなかったわたしが、一つのことをテーマに書き続けるなんて、自分が一番驚いています。

この9年の間

いろんなことを学び、あの頃の自分には想像することすらなかった自分になっている。

でも、ベースは何も変わってない。

やっぱり、あの頃と同じで、一番大切なのは、もうみんな成人したけど子どもたち。

この子たちが幸せであってくれることが、わたしの幸せだっていうのは、変わらない。

あの頃は、母親であるという自分がどうしたら、子どもたちにとってベストなのか?を考え続けた結果

まず、自分が

人生は素晴らしい!

いろんなことはあるけどね、生きてりゃいいこともたくさんあるんだよ!

っていうのを、言葉じゃなく、背中をみせることだと思って、自分にエネルギーを注ぎ込んだ。

たぶん、寂しい思いもたくさんさせたと思うし、それを思うと、心はチクリと痛みます。

でも

家族それぞれが、自分の思う人生を自由に歩きながら、時々集まって、安心感や信頼を感じ、また明日からも頑張ろう!

なんて活力になりあう家族が目的だったのが、今しっかり叶ってる。

なので、これからも、子どもたちに

母は、幸せな人だなあ。

あんなふうに生きたいって、思ってもらえる人生を歩みたいと思ってます。

特に娘には。

そして、夫への想い

これは、この9年の間にかなり変わりました。

21年経ってからの不倫発覚

5年半もに渡り、別の女とも、共に歩いていたなんて、ほんと、これほどの仰天はなかったなあ。

単身赴任で、田舎だったから風俗もなく、出会い系でそういうのを探して。。

っていう発端だったけれど、相手はダンナにバレて離婚するし、そのあと週末婚みたいなつきあいで、相手の子どもの学校行事にまで参加する。

イカレポンチな生活をしていた夫

あ、イカレポンチって意味わかります?

完全に死語ですね 笑

軽いやつとか、アホなやつとか、いろんな意味がありますが、

ここでは、現実的ではない、お花畑状態っていう意味で捉えてみてください。

いろんなことに傷ついて、自分を見失って、生きながら地獄をさまようというのが、どんなものか知りましたが、

そこを救ってくれたのは、やはり子どもたち。

子どもたちは、このことを今も知らないですが、もし子どもたちがいなければ、すぐに離婚していたか、この世から消えていたか、犯罪者になってたかどれかだと思います。

ほんとに辛くて、犯罪を犯す人って、こんな気持ちになる人も多いのではないか。

なんてことまで思ったり。

子どもたちがいたから、乗り越えられた。

学んできたからこそわかったのは、

現実的には、父親の不倫は知らないです。

でも、エネルギー的には知っている。

だから、あの子たちもいろいろ深い部分で傷ついている。

そして、助けてくれたのだと思うと、しっかりお返ししていきたいんですね。

あの時、この世から消えていたと思えば、今のわたしの命は、子どもたちに救われたようなものだから。

イカレポンチだった夫

もし、そこから抜ける努力を彼自身がしない人であったなら、今のわたしたち夫婦はないです。

わたしに、日々責められる中でも失いたくないものがあることに、彼自身が気付けたから頑張れたのだと思うんですね。

それは、やはり子どもたちだったのかもしれない。

夫が女ではなく、妻のわたしを選んだのは、

人として、女としてのわたしを選んだというよりは、妻だから。

子どもたちの母だから。

っていう、『肩書き』だったかもしれない。

当時はそれがすごくいやで、それがそうなのかどうかもわからないのに、きっとそうに違いない。

やはり、わたしなんて価値がないんだ。

と、余計に自分を苦しめた。

でもね

今思うと、別にそんなことどうでもいいよねってことになるんです。

なぜなら、別れる、別れないって揉めてる時点では、まだまだイカレポンチなんだもの 笑

女と別れないなら離婚だといわれると、やはり現実的に失いたくないものの方を選んでもおかしくない。

わたしは、人の波動を読める。

その当時はそんなこと知りもしなかったけど、

この人が心ごと、わたしの元へ戻った時には、わたしにはそれがわかる。

だから、そうなるように取り返す。

そう思ったので、女と別れる際に、わたしへの気持ちがなくても、仕方ないって思えたんですよね。

で、そのイカレポンチからの脱出には、発覚から半年かかったと思います。

完全に別れてからは、3か月。

ま、5年半もつきあってたら、それくらいかかるだろうし、それで済んで良かったかもなあって今なら思います。

そうして完全に戻ってきたから、それで終わり!

ってことには、ならなかったんですよ。

戻ってくるまでは、わたしもイカレポンチが伝染してたので、いわゆる、サレラリってやつね。

夫のことが好きで好きでたまらない。

いつも、ベタベタしないと安心できない。

もう、子宮が、全力で女であることを強調してきたといってもいいくらい、自分は女だったんだと、再認識しましたねえ。

で、夫がその域をぬけたらわたしも抜けてきて、

ちょっと待てよ?

みたいに、怒りが出てきだした。

ここからがまた、別の苦しみがわいてきて。

抜けるまで2年かかったなあ。

今、夫への想いは

好きとか嫌いとか、そんなことではなくて、

というか

夫の言動という、現実的な部分だけを見ると、腹の立つ部分や、いやな面も当然あります。

価値観が違うところもけっこうあるので。

でも、もっと深いところ

夫の魂というところにフォーカスすると、とーーっても大切な人

って思えるんですね。

そして

この世で最も感謝する対象の人

そばにいてくれて、ありがたい。

そう思える人

ようするに

夫という人の存在そのものが大切

これは、長い時間をかけて

わたしがわたしの存在を認めることができたということ。

だから、夫のこともそう思えるし、夫もわたしに対して、いやな部分や腹の立つところもあるけれど、わたしという存在がそばにいることに、感謝してくれているんだろうなと思えます。

なので、そんなわたしたちは、この先もう憎み合うようなことはない。

でも、他に好きな人ができる可能性はゼロではないと思ってます。

でも、もう夫は不倫しないだろうと思うんです。

大切な人たちを傷つけた苦しみを味わいつくしただろうから。

だから、次に好きな人と出会った時には、正直に話してくれると思います。

わたしも同じ

そういう人と出会ったら、夫に話すと思います。

不倫なんてして、人を傷つけることで、自分を傷つけたくないから。

人にはその人だけの人生の歩き方がある。

学ぶために出会い、結婚することも、その設計書の中に含まれているわけだから、やはり自分のことをないがしろにせず、歩く努力が大事

それができてきたとき、心からの幸福感を得ることができる。

この9年間、わたしに起こったこと。

歩いてきた道

それらをシェアしていく役割があると思うので、こうして毎日綴ってる。

あの頃のわたしと同じように、苦しんでいる方々に、本当の意味で幸せになるってなに?

を、問い続けたい。

あなたがもし母親なら、大切なお子さんのため、たとえ、お子さんがなにも知らなくても、深い部分では知っている。

そう思って、まずあなたがあなたの人生を謳歌すること。

そして、子どもの幸せを共に喜びましょうよ!

イカレポンチから抜けた夫は大事にしてみよう!

大きな幸せがすぐそこで待ってるよ^ ^

また、1年。

来年の10周年目指してがんばりまーす!

★ きのうのコンサートで、すっかり昭和にタイムスリップしたら、言葉まで古いものがでてきたみたい 笑

イカレポンチな夫

イカレポンチな時期

なーんて思えば、少しは俯瞰できるかもね!