夫婦再生のヒント

数年後のあなた

2016/06/26

こんにちは

あおきゆりこです。

グループスタディで

きのうまでに83名のワークを行いました!

このワークは、ビリーフを変えるというものですが、別名引き寄せのワークとも言うのです。

きのう、ガイドして思ったこと

わたしは三年前にこのワークを受けて、今の活動に入りました。

それまでは、電話カウンセリングしかしてなくて、クライアントさんと会うことにも抵抗があったのです。

かたくなに、思い込んでいた世界があって、まあいわば、恐怖の箱に自ら入っていた状態

それが、スコーンと抜けたんです。

とりあえず、箱から出てみよう。

と思って、恐る恐る対面カウンセリングを行った。

そしたら、なんか楽しかった。

わたしが思い込んでいた恐怖なんて、起こる確率の方が極めて低いというのを感じたら、

もっとたくさんのクライアントさんに話したくなった。

ワークをするまでは、人前で話すことなど、絶対無理で、極力前に出るのを避けていた。

それも、なくなり

ワークショップを開催しようなんて思いつき、それも終わったら、連続もののスタディやっちゃおう。

なんて、いろんなことをやりだした今がある。

確か、人前で話すの苦手だったよなあ。。

話さなくてはいけないときは、ずっと話す内容を紙に書いて一言一句覚えるまで練習してた 笑

それが今では。。。

話し足りない!!

何時間あっても足らん!

合宿しようか!

なんてことになってるではないですか。

ビリーフチェンジワークでは、3年後もしくは5年後の未来の姿をみていきます。

ガイドもクライアントと同じ未来をイメージするのですが、鮮明にイメージできます。

不思議だけど、鮮明に映像としてイメージできたものって、すべて叶ってる。

だから、3年前イメージしたことが今結果としてでているんだなあと。

わたしが3年前のワークでイメージしたのは

わたしが幸せでいることが、子どもたちも幸せ

でした。

3人ともハッピーに過ごしてます\(^o^)/

あの日のことを思い出すと、まさか本当に叶うなんて。。

まさか、人前で話す仕事をしているなんて想像もつかなかった。

スタート地点がワークした日だとしたら、設定したゴールをみます。

そして、その瞬間から脳はその日に向かって動き出す。

何かを選択するとき、そのゴールへ向かうための選択をする。

なので、途中の道は何があるかはお任せモード

その結果を得るときの環境もお任せモード

スタディ、1期2期のメンバーたちは、ちょうど2年前にワークしてます。

3期のメンバーたちは1年半前

4.5期のメンバーたちは1年前

6期のメンバーたちは半年前

設定した未来は確か5年後だったように思いますが、どうですか?

まだ道途中ですがあの日と今では同じですか?

少しずつあの日みた未来の自分へ近づいてませんか?

今回から少し早めて3年後の設定にしました。

わたしが3年ですっかりチェンジしたことを実感したから。

なので、5年後で設定したけれど、3年後には叶ってるかも。

ただし!

直感通りに動けば!

です。

降りてきた直感通りに行動する。

恐怖の箱は抜ける

その選択をしていけば、イメージした自分に会えますね!