夫婦再生のヒント

美しい時間でした

2017/05/22

こんにちは

あおきゆりこです。

きのうはアドバンスラストでした。

一言でいうなら、美しい時間がゆったり流れた。

そんな感じ。

夫の不倫がきっかけで集まった仲間たち

誰にも言えない想いを話し合えて、そこからいろんな気づきが起こり

夫の不倫そのものが問題なのではなく、それは自分らしく生きるきっかけにすぎなかったと気付いて行くとね。

そういうことがある前までの自分に戻りたくはない。

今の自分が好きだって思えるようにもなっていく。

不倫発覚後のあの衝撃

親の死より辛いという人が多いのだけど、

大切な親との永遠の別れより辛いなんてことがこの世にあるということ、わたしもビックリでした。

それらを手放すって、簡単なことではないけれど、

もう、手放して軽くなりたい。

さらに笑って生きたい!

それを選択するなら、必ず手放すことはできるんです。

不倫問題は、これからも続く長い結婚生活の中で、お互いの存在が当たり前になっている。

というところから、大切な存在だと認め合えるチャンスでもあるね^^

わたしの個人的な想いだけれど

夫が不倫したから離婚する。

っていうことではなくて、そこからしっかり考えて欲しいと思うのです。

それでも、その人と一緒にいる?

一緒にいたいと思うなら、その気持ちを大切にしてみるといい。

それでも、やっぱりうまくいかない。

不倫をやめない夫であるなら、さてどうする?

何度でも自分と対話をすればいい。

離婚することで幸せになっていく人たちって、

深いところを見れば、自分の尊厳を守るために離れようという選択をされた方のように思います。

夫が不倫を継続するというのは、夫の中に妻にはわからないなんらかの理由があるわけです。

だからといって、その理由を尊重して自分の辛い気持ちに蓋をする必要もない。

自分を守るために、どう行動する?

自分を幸せにするために、どう行動する?

いつもみんなに笑いを振りまいてくれたYさん

新幹線に乗って遠方から対面に来られてからまだ一年

ご主人もついてこられて、急遽夫婦対面になったのだけど、

あのときのYさんは苦しみのど真ん中

で、ご主人もそうだったのでしょう。
(自業自得だけどね!)

きのうは笑いを提供してくれつつ、涙も誘われた。

でも何より、夫のことが大好き!を認めたんだよね^^

でね

メンバーたちにバラの花を、棘を取り、一本ずつ包装してプレゼント

ご主人も朝から手伝ってくれたそう。

受け取るメンバーたちのうれしそうな顔

それをみてると、幸せだったなあ。

お子さんたちがすでに成人しているMさん

電車で妊婦さんと間違われて、おばあちゃんが席譲ってくれようとしたという。

喜んでいいのか?悲しむべきか    笑

という話

そんなやさしさをいただけるって、Mさんの心の中がやさしさに溢れているんだよね。

そして、そんなシェアをしてもらったわたしたちも同じよ^^

で、懇親会のお店は普段なかなかとれないお店がたまたま予約できて、貸切

上では結婚式の二次会だったようで、花嫁さんドレス姿で表におられてね。

幸せオーラバッチリおすそ分け。

わたしたちも祝福されてるってことね^^

お料理もおいしくて。

大笑いした楽しかった時間

ラストはみんながホッコリ気分で帰路につけたかなと。

一人一人シェア中のメンバーたちのことを思い返すだけで、わたしは今もホッコリ中^^

あんなことされたけどね。

あんなことされたから繋がったご縁は大きかったね!

いつの日か、悔しいけど感謝だな。

そんな日が必ず来るよ^^

たくさんの愛をありがとう。