夫婦再生のヒント

夫婦再生への近道 その3

2017/02/13

こんにちは

あおきゆりこです。

きのうからの続きです。

3    NOを表現する

好きなものを自分に与えることができるようになれば、ノーということを始める

自分に嘘つきだった人のほとんどは、ノーということが苦手

断ったら愛されない、嫌われる

などという観念が強かったわけですから、それが当たり前である世界に生きていたわけです。

が、好きなことをしても、選んでも大丈夫だと思えたら、ノーがいえるはず。

このステージで起こってくること

いやなことはいやだと表現する。
心地よいと感じなさそうな誘いには断るなど
自分のためにいやは省き、あなたの好きを行動するというこのステージでは結果二つに分かれます。

★どんどん、嫌なことが増える

一見、その1に戻ってしまったかのように、葛藤すること、悩むこと、ダメ出しされることが増える。

その場合、ステージ2を心地よくクリアしてきたわけではないということ。

罪悪感だらけで通過したのでは?

自分に優しくすること、自分の好きを選ぶことを、あなたは心からオッケーしてきたわけではないってこと。

それは、自分のことよりまだ他者にフォーカスしている。

他者の目を、どう思われるかと意識していて、無意識レベルでの無価値感が罪悪感という形で表出している。

その場合、こういったしつこいダメ出しのお試しにあいます。

ここで、戻る??

また自分に我慢させたり、嘘つくの?

目の前に、そういう現実が起こってくよ?

★拍子抜けするほど、うまくいく

スムーズに事が運ぶ

あれだけ反対していた人も認めてくれたり、応援してくれたり。

あなたが、あなたの好きを行動する事に協力してくれる人が増える

こんなふうに、あれ?

なんか、調子いい!

周りに好きな人ばかり!

そんなふうになってきたら次に進もう!

ダメ出しされることがある方は、引き続き、好きを大事にしよう。

さらに続きます!