夫婦再生のヒント

悔しい思いは

2016/12/15

こんにちは
 
あおきゆりこです。
 
きのうは音波セラピーのセッションでした。
 
体と心はつながっています。
 
怒り・・・・・肝臓
恐怖・・・・腎臓
悲しみ・・・肺
ストレス・・脾臓
 
何かを感じられるうちはいいけれど、その感情に蓋をしてしまうとマヒしてしまうため
感じていない。というふうに思ってしまう。
 
すると体に現れてくることもあるようです。
  
 
音波セラピーでは、他愛もない話をしながら いろんなところを癒していきます。
 
終わった後は、体がポカポカになったり、眠くなったりという方もいらっしゃれば、
 
無反応っていう方もいらっしゃるようです。
 
50代の男性は特にこのセラピーを気に入ってくれますね。
 
お疲れなのでしょう。
 
何十年も家族のためにという根底があって、働いてきているのだから、そのストレスなどは相当のものがあるのだろうと思います。
 
また男性は感情に疎いので、なかなか自分が何を感じているのかわからない。
 
なので、たまっていることも多いのでしょう。
 
癒されるようです(^^)
 
 
さて
悔しいという想いがでてくると。
 
そうなると、負の感情に見舞われますから、せっかく前に進めていたのに、また後退してしまった。という想いまでついてくるそうなのです。
 
そういう方 たぶん 多いのでは?
 
発覚から年数が経った場合などは、そんなふうに負の感情を感じる辛さ+自分はダメだっていう自己否定 というダブルで苦しむということになってしまう。
 
まずね
 
悔しいって感じるっていうことは、自分は何が悔しいって思ってるのだろう?
 
女と自分を比べて負けたって思うところがあるのかな?
 
夫だけ自由にしてずるいっていう想いが強くなってるのかな?
 
もし、どちらであっても、悔しいっていう想いがわくっていうことを嫌がらないことだなあ。
 
何かに対して懸命に向き合ってきたからこそ、悔しいわけでしょう?
 
 
であったら、まずは、それだけ懸命だった自分を認めようよ。
 
夫をそこまで愛していた自分なのかもしれないし、
 
夫のため、家族のため、がんばってきた自分なのかもしれない。
 
それって、素晴らしいことだよね?
 
 
その上で、負けたって思う気持ちも認めよう。
 
そして 負けたって思ってるのは、自分だということ。
 
どこにも、負けたっていう事実などないのにね。
 
そんな事実はないけれど、私が女に〇〇の部分が負けたって思って悔しいんだなっていうことね。
 
そして夫だけずるい 自分はこんなに頑張ったのに。
 
そう思って悔しいのだとしたら、これからは、そこまで必死に頑張ることないよってこと。
 
あなたも、自由にしちゃえばいい。
 
不倫したら?ってことではないよ!
 
いろんな自由を許さなかったのも自分自身だよってこと。
 
不倫するなんて自由なことを夫がしたなら、あなたはもうなんでもOKじゃない!
 
思うことやっちゃっていいんだよ~~堂々と!っていうこと。
 
 
悔しいって感じる気持ちって 決して心地よくはないよね。
 
後退したって思うかもしれない。
 
でもそれでいいじゃないの?
 
後退することもOKしようよ。
 
前進ばかりする人間っているのかな?
 
大事なのは、自分は前進もするし、後退もする人間だよってことを認めること。
 
その場その場で感じることをしていけば、体もスムーズなの。
 
すべてOKよ!