夫婦再生のヒント

流れというものがある

2016/08/30

こんにちは

あおきゆりこです。

つくづく思います。

流れというものが、確実にあるなと。

ただ、その流れに乗って生きることを選択するだけで、人はとても楽になれる。

でも、それがほんとに難しいと感じる人がとても多いということ。

マウナケア地上から2800メートルのところで、星だらけの空をみてきました。

星だらけの空って、何度かみたことがありましたが、規模が違った。

こんなにたくさんの星があって、その星からの影響を地球が受けているなら、そこに暮らす人間に影響がないわけないよね。

改めて、大いなる宇宙の存在とか、エネルギーを感じました。

この大きな宇宙の一つである私たち

個々に起こる出来事など、なんて小さなことなのだろう。

あれがダメ、これはダメ

良い悪い

そんなことを言ってる間に、一生は終わる。

ますます、自分のために時間やエネルギーを使いたいと思いました。

そのためには、流れにのった方が速い!

何が速いか?

自分のゴール

夫が不倫して、発覚した。

というのも、流れがあったはず。

おかしい。

もしや?

と、思うにも、なんらかの流れがあったでしょう?

うちの夫は5年半という長期不倫でした。

同じく長い時間不倫されていた人は、

そんなに長い時間気付けなかったことが情けない。

という方も多いです。

なるほどなあ。。

ってこと。

わたしは、そのことでは、まったく情けないと思ったことはないので。

それも流れの中だっただけで、知らなかったということにも、その人たちにとっては意味があっただけ。

発覚したことで、その前にもそういうワルさをしていたことまで知ってしまった。

と、嘆く方もいらっしゃる。

うちも、そうでしたが、

へー。あの時してたんだ!

やっぱりね!

で、終わりました 笑

終わったことなど、どうでもいい。

トイレに流したトイレットペーパー、どうなったのか?

どこへ流れたのか?

と、考えるのと、わたし的には同じこと。

どうでもいい。

でも、そういうことを気にする人は、それもその人の流れでしかない。

だから、そのまま流れてみるといいんですよ。

何度も言うけど、どうせゴールはあなたの思い通りのところにしか行かないから。

まっすぐ前を見て、起こることに向き合うという流れ方の方が楽しいし、楽チン。

後ろばかりみて流れるから、首が痛くなる^ ^

それだけのこと。

また、共に流れていくご縁がつながります。

週末、スタディベーシック9期開講

多くのキャンセル待ちもいただきました。

次回、10期、11期は、3月開講予定です。

10月くらいから、先行案内の募集を行いますので、しばらくお待ちくださいね!