夫婦再生のヒント

受け入れてもらえる安心感

2016/05/28

こんにちは

あおきゆりこです。

今日明日は、グループスタディベーシックコース3日目です。

またまたどんな時間になるのやら。

メンバーのみんなとの時間、有意義な時間にしたいと思っています。

***

きのうのブログにもちょっと書きましたが、

発覚後、一緒に進む仲間という存在がなくて、一人で歩いておりました。

辛くて胸がつぶれそうなとき、

どうした?大丈夫?って声をかけてくれた人がいました。

これこれ、こうでね。って話したとき

何もいわず、それは辛かったね・・・・

って、絶句・・・・

その人に同じ体験があったかどうかは わからないけれど

そのときのわたしの辛い想いを 半分くらい一緒に担ってくれたのではないかと思えたくらい、話した後気が楽になったのを覚えています。

どうしたらいいとか、こうしたらいいとかってことは 一言もなかったけれど・・・

全受容

今もその場面を思い出せるのですが

たぶん

あなたが、〇〇だから

あなたのご主人が〇〇だから

〇〇しなくちゃ

などというエネルギーはまったく感じなかったのです。

また、同情とか憐み、かわいそう。。。っていうエネルギーもなかった。

ただただ、大丈夫?

っていうような わたしを心配してくれるようなエネルギーだったんですね。

当時のわたしは、自分で自分のことを責めまくっていたので

そのエネルギーを感じたとき

わたし、存在していていいんだ。

別に、わたしのせいではないんだ。

すごく力が湧いたのでした。

そして、それこそが、わたしの中に根付いているもの

あなたはまったく悪くない。

夫が不倫したからといって、あなたの価値は何一つ変わらない。

そして、何も怖がることはない。

大丈夫だから。

でも

やっぱり、自分を責めてしまうときもあるだろうし、

もうだめだ・・・って思うときもあるでしょう。

悲しかったり、辛かったり、寂しかったり。

今、そういう気分だっていうだけのこと。

その気分が延々に、続くわけはないし、続きたいって思っても無理なの。

そうなってるから。

絶対 大丈夫で、いつの日か、

ああ、ゆりこさんの言ってたこと、ほんとだった。

そう思える日がくるんですよ。

今、どんなに辛く、闇の中をさまよっていても、それもなんらかの意味がある。

もっと、さらに 今まで以上に幸せに向くための意味が。

あなたのこと、全部受容してくれる人に出会えるといいなと思います。

それが、実は心の回復には一番大切なことだから。