夫婦再生のヒント

不倫で生じた傷

2016/03/14

こんにちは

あおきゆりこです。

アドバンスメンバーと不倫で生じた傷と向き合う作業のため、メールのやり取りが続いています。

傷が見えない=現実的に今辛い

傷が理解できている=今もう楽になってきている

ということが多いですね。

傷を探るから痛いのではなく、今が辛いから傷を探れないともいえるし、

ケースバイケースですが。

現実的に辛さから解放されていても、ふと過去に戻って辛さを感じる場合は、傷との向き合いが浅かったり、焦点がずれてる場合あり。

いずれにしても、不倫問題を終わらせるぞ。

という強い意志が必要でもあります。

不倫されて生じた傷

しっかり、手当てをしてくださいね。

手当てをするために、どこが傷ついたかを知る作業は必須です。

ここが、臭いものに蓋をして進むか?

臭いものを処理して進むか?

の、分かれ道

今後の人生の歩み方につながるところかなと思っております。