夫婦再生のヒント

不倫発覚間のない方へ

2016/02/10

こんにちは

あおきゆりこです。

長いこと、この仕事を続けていると どんどん回復されていく人がでてきます。

そして振り返ったりするときにおっしゃること。

「あ~。とことんやってよかった!」

「あのとき、我慢するのやめてよかった!」

というような言葉です。

そこで、今日は夫の不倫が発覚してまだあまり時間のたっていない方へ向けて記事をかいてみます。

数か月は脳内が混乱している状態となっています。

夫の不倫を知って いい人でいられるわけがないですよね。

絶対ってことはないでしょうから、ほとんどの人はといっておきましょうか。

混乱している状態の自分で ネットをさまようわけです。

ネットには当然ながらいろ~んな情報がありますので、無意識に「それならできそう」という情報に飛びつくんですね。

それならできそう。

というもののトップといっていいことが

良き妻になりましょう。

ってことです。

何度か記事にしていますが

良き妻ってどんな妻でしょうね?

あなたの「良き妻」と 夫の「良き妻」の価値観が同じだとは限らないということ。

居心地のいい家庭をつくりましょう。

あなたの「居心地のいい家庭」と夫の「居心地のいい家庭」の価値観が同じだとは限らないということ。

それらのことを、不倫発覚後の混乱した脳で、考えることもできないということをまずは心のどこかに置いておいてほしいなと。

なので、まずは 夫の不倫を知ってしまったのなら

「私! 今までよりさらに幸せになるために変化せよって時期がきたんだ!」

発覚前、すでに幸せだった方も、そう思うことです。

もちろん、むちゃくちゃな発想だと思われるでしょう。

あの状態でそんなこと思えって言われてもね・・・・・

百も千も万も億も承知で言ってます。

心から思えなくてもいいですから、とりあえずそう思ってみてください。

するとね、あなたの行動が必ず あなたの価値観で言う「幸せ」に向かっていくんですよ。

でもね

多くの人は 当然ながら

もう私たちはダメかもしれない。

もう未来なんてないのかもしれない。

これからどうすればいいのだろう・・

と、無意識では不幸になっている自分を強くイメージしているんですね。

そうなると、あなたの行動はあなたの価値観で言う「不幸」に向かってしまうんです。

不倫があったとしても、前以上の幸せを感じられる人と、不幸になってしまう人の違いって

何を無意識に前提として持っているか?

その違いだといっても過言ではありません。

他人(夫)なんて、自分の思考範疇から外れたことをするんですよ。

そりゃそうです。

自分ではない人なんだから。

同じ価値観ではなく、特に夫婦なんてほとんどの人が真逆の価値観をもっている。

善悪で裁こうとする限り、残念ながら不倫問題をクリアできることはない。

あなたの価値観の中に、不倫OK! というものがなかったのであればなおのこと。

夫は自分とは違う価値観を持っていた人だということをしっかり認めることです。

だから、「良き妻」とか「居心地のいい家庭」とかって あなたが考えても その価値観が夫に合うかどうかはわからないってこと。

なので、そういう何かになったり、作ったりしようとしなくていいんですよ。

不倫なんてされてしまうと、たちまち自分の中のブラックが成長期に入ります。

そこ、しっかり受け止めていくことこそが大事

怒りがくるのも当然だし、悔しさや、無念さ

憎しみがわくのも当たり前

相手の不幸を願うのも ごくごく普通のことだし、悲しみや寂しさもあふれてくるでしょう。

そんな感情を殺して 愛される努力などいらないですよ?

とにかく発覚から数か月は、 わいてくる感情を消化すること。

消化法は 人によって違うでしょうから、ここに詳しくは書きません。

少し冷静になってきたときに

さて、これからどうやって崩壊した夫婦関係を立て直していくか?

を考えてみるといいんですよ。

そして大事なことは

夫の不倫が発覚したからと言って、怒りや悲しみなどが沸き上がっているときには離婚しないということです。

離婚してほしいといわれても、したくなければしなくてもいい。

そういう残念なことをする人と、今後の未来を一緒に歩きたくない。

はっきりとそう思えたときに、離婚しても遅くないです。

人の心は変わるもの。

今 こうだとしても、数か月後、いや、数日後には変わっていたりします。

あの当時のわたしは、自分で思いました。

日替わりランチのごとく、日替わりハートだと。

毎日毎日、コロコロと思うこと、感情が変わっていました。

感情に流されなかったこと、本当にすごいぞ!って褒めどころですね!!!笑

負の感情がわいてもいい。

それを味わってもいい。

でも、その感情のまま 流された行動をしたり、囚われてしまわないように。。。。

負の感情に自分が流されるのではなく、自分が負の感情を流すんです。

難しいね。

でも、大丈夫

あなたはさらに幸せになる方向にこれから舵を切ることになっているから(^^)