夫婦再生のヒント

残念だった夫が変貌を遂げる

2016/01/25

こんにちは

あおきゆりこです。

たっくさんの方のお話を伺ってきているのですが、

不倫問題

といっても、いろんなケースがあります。

わたし個人の思いとしましては、離婚より継続をしてほしい。

とは、思っています。

なぜなら、人は変わる可能性があるから。

でも、相手をなんとかしたい。

相手に変わってほしいと、思っているうちは、まあほとんどそれはないよっていう現実が続きます。

それがとても苛酷

まずは、今の現実をいい意味で諦めることができるかどうか?

残念なことを繰り返す夫を、

わたしのベストパートナーはこの男じゃないかもしれない?

と、思えるかどうか。

そう思えたら、離婚もありきで、どんなふうに別れたら、少しでも多くの取るものが取れるかを考えたほうがいいし、離婚後の生計をどうたてるかなど、これまた現実的な思考も必要

なので、この男じゃないんだ。

と、思えるまでにはあなたに何ができるか?

それがとても大事

言いたいこと我慢したまま?

やりたい事も我慢したまま?

そんな残念な夫でも好きだから?

そのあたりを超えていくことです。

ずっと一緒に歩いてきたAさん

ほんとに残念な夫に見切りをつけて、離婚への道を一歩踏み込んだら。。。

世界が変わりました。

先日、3人目のお子さんを出産され

夫は食事、洗濯、上の子達の世話と何から何までやってくれ、休ませてくれ、こんなに親切な人だったかなぁ?と思ったり。(笑)

志半ばの妊娠で最初は戸惑いましたが、産まれてみたら可愛すぎて、夫の存在も有り難くて、ギフト実感中です✨

と、メールをいただきました。

志半ばというのは、新しい一歩を進みだした半ばってことです。

残念だった夫は優しい親切な夫に変貌され、再生道をグングン進んでおられる。

一旦は、見切りをつけ、新しい人生を歩む決断もできたことで、エネルギーバランスが変わっていますから、今の結果を手にされたのでしょう。

ほんとにほんとによかったです(^_^)

自分の潜在意識が変われば、目の前の現実は必ず変わります。

なぜなら写し鏡だから。

不倫する人は残念なことをしている人

ということで、その人の本質はどうなのか?まではわからない。

誰の本質にも愛がある。

残念な夫というのは、残念なことをする夫であり、決して残念な本質を持つ人ではない。

というのを、まずはあなたが思えるかどうか?

そして、あなたは必ず思い通りの幸せを手にできる人だということを心から信じることです。

とことん、やるだけのことをやってみよう!

あなたの人生だから。