夫婦再生のヒント

被害者意識について

2015/05/01

こんにちは

あおきゆりこです。

不倫発覚後の地獄から抜け出す時間が早いか遅いかの違いは、自分のなかにある被害者意識を手放す時間と比例します。

いつまでも、夫や女への恨み言を思う限り、どんどん被害者意識は膨らみ、地獄を這いずり回ることになります。

なんともったいないことでしょう。

不倫した人たちのせいで、どうしてまじめに生きてきた自分が苦しまなければいけないの?

抜け出しませんか?

その力は皆さんの中にすでに持っているのだから、それを思い出して、自分のために生きませんか?

被害者意識をもっているときって、自分の体はどうなっていますか?

あちこちに力入っているでしょう?

力が入ると視野が狭くなります。

他に楽しいことがあっても、幸せを運んでくれる人がいたとしてもみえません。

もったいないですよ!

とにかく、力をまずは脱いてみましょう。

腹が立つときは、深呼吸、深呼吸!

不倫して、不倫がばれたら、その後の人生やばくなるのは、皆さんではなくて、不倫した側の人たちです。

だから、そこにお付き合いしなくていいんですよ。

バカくさ。

そう思えたら楽です。

なかなかそう思えないことも知っていますが、あえて言います。

自分を、いつまでも可哀想な被害者の立場に置かないでほしい。

抜け出すお手伝いをしています。

(2012年7月著)