夫婦再生のヒント

海に流れた油:::例え話

2014/10/24

こんにちは

あおきゆりこです。

今日は例え話です。

イメージしてくださいね!

あなたの心の中
きれいな海です。

そこにいきなり油が流れてきた。

油を流し込んだ人は、その海を汚そうという意図があったのではありません。

自分本位なことをして、結果被害が海に及んだということ。

当然海は怒ります。
悲しみます。

で、このヘドロどうするのか?

流したあなたが取り去りなさい。

とするなら、相手がとってくれるまで不快感は続きます。

もし相手が大変なことをした。
と思ったとしても、荒れ狂う海に近づくことはできません。

ますます海の怒りは大きくなります。

海の怒りは、油を流された怒りというよりは、信じていた人が自分を汚したという怒りです。

なぜ、もっと自分の存在を心においてくれなかったのか?

なぜ、そんなことをしたら海が汚れることを考えてくれなかったのか?

いつも一緒にいたのになぜ?

怒りの下にあるのは、愛する人が自分のことを考慮してくれなかったという悲しみです。

悲しみ怒りでいっぱいの海はいつも荒れて、ヘドロはどんどん広がっていき、いろんなところに被害を及ぼすようにもなっていきます。

すべては、油を流した人のせいにしたままでは、いつまでたってもヘドロだらけの自分

いつも怒りの感情やら、不信感やら不安、恐怖と一緒にいるので、自分が本来どれだけきれいな海だったのかを忘れてしまいます。

ともすれば、自分はもともと、汚れた海だったのか。とすら思って自分を責めたり。

こんなふうになっても、まだ油を流した人に海へ戻ってほしい。

そういう願いもあるのなら、まずは自分が元のきれいな海に戻ること。

穏やかになったら、その人は感謝の気持ちと共に戻ってくるかもしれません。

もちろん、もう戻ることはないかもしれない。

でも、元々はきれいだった海が、ヘドロ除去をすると、さらに透明感が増すでしょう。

そんな海を心から愛し、大切にしたいと思う人がまたきっと現れる。

さて、あなたはこの例え話に心はどんな反応が起きましたか?

私はクライアントさんの、本来の姿を常にみています。

どんなに荒れ狂おうと、ヘドロまみれであろうと、自信なくして凹んでようと、拗ねていようと、その人の元々の愛を信じています。

誰かの心ない行為で、あなたの海が汚れてしまっただけのこと。

でも、それは上側に浮いているヘドロさえ除去すれば、また元に戻るし、いや、以前よりさらにきれいになることも知っている。

大切なのは、油を流した人をコントロールすることではなく、あなたが本来の海に戻ることです。

応援しています^ ^