利用者様の声

アドバンス感想のシェア続きます!

2016/11/27

こんにちは

あおきゆりこです。

さらに続きます!

 

■Q1

私の1番は、シェアタイムでも話した内容だけど父の事。

父の事を許してなかった。

父との関係の傷なのに、主人に傷つけられたかのように重ね合わせ、主人をずっと責めていた。

そこに気付いた時、今までの主人への態度をとても反省しました。

傷の癒し方を知り、私の中にある父への恨みを許しに変え、私が癒された事。

主人をもう一度好きになれた事。

■Q2  

ゆりこさん、大好きです。

ゆりこさんに人生を変えてもらいました。

自分と向き合う事の苦しさ。

でも必ず乗り越えられるよって導かれ、どんどん変わる事が出来ました。

最終日の声紋分析で夫の事が大好きってわかって本当に嬉しかった〜〜
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

スタディを受け始めた頃は、『本当はもう主人の事は好きではない』それに直面する日を恐れていました。

てへっ(*^^*)

主人の事が好き。

この先、夫婦として歩むのがとても楽しみに、やっとやっとなれました。

長かったなぁ〜〜(T ^ T)

不倫はギフトなんだよーーーーーーーーーーーーって、
みんなに伝えたい。

やっぱりね、やっぱり人を癒す事を仕事にしたいと思っています。

カウンセリングもコーチングも身につけたいと思ってます。

なので、マスターに行かないつもりだったのだけど、私に必要な学びだなって思えてます。

どうするか、11月末までに決めます♬

Yちゃん

 

振り返ると、とても大切なことに気づきました

私も生まれてきたことに意味があり、わからなかったけどたくさんの愛をもらってここまで生きてきていたこと

私も愛されていた・・・

そう思ったら涙が溢れてきました

まだ自分と向き合ことができてなかった私・・・

私の『オカン』頑固でガードが硬く

なかなか『オトン』の声を聞かせてくれません

これから少しずつでもオカンのガードをゆるめ自分の声を聞き、自分を知り、
自分の気持ちを大切にしたいと思います

昨日のスーパームーン

めずらしく主人が見てくるって庭に出て行ったので(実はタバコを吸いに行ったのですが)
ついて行って二人でみました

雲がかかって薄っすらあれがそうかなって感じでよくみえませんでしたが・・・

こんな些細なこともちょっぴり幸せって思えたのはやはり、ゆりこさんに出会え
学べたおかげ・・・そして8カ月一緒に学んだ仲間からもらったたくさんの温かいエネルギーの
おかげです

きっかけは主人の不倫・・・

でもそれがなかったら私は小さな世界しか知らなかった

今ここで、ゆりこさんに出会えてみんなに出会えていろんなことを知ることができて本当によかった

この8カ月の間『大丈夫よ~幸せになるようになっている』そう言ってくださる優しい笑顔のゆりこさんに何度も励まされました

本当にありがとうございました

まずは自分が幸せを感じられるようにそうなれば、まわりも家族も幸せになれる
そう思うだけでワクワクしてきました

本当にありがとうございました

またこれからもどうぞよろしくお願いします

Rさん

 

Q1
不倫問題は、わたしのせいでは無い事、してしまった本人の問題という事。

切り離して考える事。

Q2
アドバンス終了で、初めてカウセリング受けてから約一年経ちました。

ボロボロだったあの頃、ゆりこさんに出会えて、あれよあれよとここまで辿り着きました。

恨み憎しみでいっぱいだった私、毎日毎日責め続け、私より不幸な人は居ない‼︎と思い続けていた私。

すべては、自分が気づく為に起こしていたという(^^;  笑える。

まさに、お疲れ様私。でした。

これから先、わたしの器はどんどん大きくなるとしか思えません(^^)

たくさんのギフト受け取る為に、器は広がっていきます。美しく。

両親がつけてくれた名前のように(^^)

これからも、宜しくお願いします。

Hさん

 

Q1
アドバンス、痛かったし、苦しかったですね〜〜

最終日も痛みの後遺症で前半はボーッとしていましたが、だんだんと、皆んなのパワーで癒されていきました。

本当に仲間と共にいる事のありがたさを実感しました。

「夫の不倫」で傷ついたと思ってきたけれど、隠していた元々の傷のカサブタをひっぺがされたのが痛かったんだ!という事、母との関係で「被害者」と思っていた、
そして、もう母を切り捨てたから大丈夫と見て見ぬフリをしていた事、そこを楽にするために今回のコトはおこったんだと気付きました。

そしたら、旦那、ええ奴やん! 笑  救いの神やん‼︎ 笑笑  旦那には言いませんが。

Q2
ベーシックの途中から「関東組」のライングループが出来てまして。(Aちゃんも入ってます^_^  )

そのラインを読み返していたら、本当ーーーに仲間に助けられた8ヶ月だった!!と再確認しました。

スタディの当日はインプットして、自分の心にノックするだけで一杯一杯で。

二、三日すると気付きが起こってくるので「ねーねー聞いて〜。どういう事だと思う〜⁇」と安心して相談できるんです。

その中で「ハートツリーの入り口は不倫問題だけど、もう、丸ごと楽しく生きていこう!って仲間だよ」
「ゆりこさんのサポートを受けていても、辛い気持ちをシェアしてくれる仲間がいなかったら「前を向こう」って顔を上げられなかったと思う。」と書いてました。

ゆりこさんの「人と人を繋ぐ」力が凄すぎます‼️

例え、同じ経験をしても分かり合えない人のほうが多いのではないでしょうか?

大人になって心をさらけ出せる仲間に出会えたこと、本当に感謝しています。

そして、昨夜も3人目のインナーチャイルドちゃんに会いまして。

一緒に大泣きしました。

それは、7歳くらいかな?母が出て行く前の私でした。

それまでは泣き虫で、イジメられては泣きながら帰る子だったんです。

でも、母がいなくなって、転校したら、何故か超ワイルドな子供になり(笑)野山を駆け回り、いじめっ子を叩いたり弱い子を守る子供に変身しまして(笑笑)

担任の先生に後年「キッツイ子が入学してきた、と思ったよ」と言わしめる子供になってました。

「弱い子はダメ、泣き虫は駄目」って自分を守っていたんでしょうね。

泣き虫のチビYに思いっきり泣かせてあげました。

私の中にいる「チビY」が出てこれるようになったのも、そして癒してあげられるようになったのも、ゆりこさんのおかげです。本当にありがとうございます

Yさん

 


私はずっと周りの人を色々とうらやましいと思うことがあっても、それを表に出すと自分を否定することになると思っていた。

それは自分が子供の頃、見目可愛らしく、弱々しく見える二人の妹たちと比較されたときに、周りの大人からあまり可愛くないと思われていることにずっと傷ついてきたから。

今から思えば、三姉妹で、いつも母親お手製のお揃いの服をきており、顔だちも似たところが多い姉妹だったため、逆にその差が目立ちやすかったのと、子供らしくない子供だったから表情が子供としてあまり可愛らしくなかったということだったのだと思う。

傷ついた分、私は可愛いお嬢さんと呼ばれる妹たちの『しっかり者のお姉ちゃん』としてなんでもできる子になり、幼稚園入学頃には父親が九死に一生の大病を患い、母親が看病や日々の生活に追われる数年が続いたためますます頑張り続け、小学校では妹の友人の親が褒めるお姉ちゃんとなっていった。

周りにも愛されて大切に育ててもらっているので、自分を否定するようには育たなかったけれど、良いと認められる部分は自分の能力を使って努力で得たものであり、『自分が持っていない(と思っているもの)をうらやましいと憧れることは、自分に価値がないと認めることになる』から、その恐怖もあって、周りの人と自分を比較することがない大人になっていった。

人と比較して気持ちが揺れることが少ないので楽に生きられた部分も多かったし、辛かった治療や様々な嫌なことも自分の中で感情を処理して対応ができていたから、悪いことばかりではなかった。

でも自分は自分、他人は他人、という気持ちが強すぎて、周りの人のいいなと思う部分を「いいなと思うけど、でも私には持ってないから仕方ない」とばっさり切り捨て、結果として、もやもやが残る状態でずっと生きていたのだと思う。

アドバンスの仲間のみんなが私はうらやましくて、ああいう風になりたいと思う人ばかりだったことに気付いたときに「私は人を羨ましい」と思っていいんだとふと気づいた。

まだ怖いし、心が痛いけれども、私はそれを妬ましいと思っているわけではなく、「いいなぁ」とただ思っているし、自分がダメだからというより「こういうところが好きだからああいう風になれたらいいな」と思っている。

問題が起こった時は嫌なマイナスの感情で相手を考えたけれど、今まで人に対してそういう風な感情を持ったことがなかった。

私には人と比較する感情が薄いのだとずっと思っていたから、神様の気づかせ方は乱暴だけど正しかった。

<私が気づけたこと>
私は、いろんな人をうらやましいなぁと思う。でも、それは自分と違うその人のいいところを見つけるのが得意なんだと今は思える。

そして、「うらやましいな」と口に出していうことはあるけれど、それを妬ましいと思うことやその人になりたいと思うことはないし、それを持っていない私はダメだとも思わない。

ただ、自分が「その良いところ」を持っていたらよかったな、嬉しいだろうなとは思うけれど、憧れはたくさん持っていい、なれるかどうかわからなくてもそうなりたいと思うことは素敵なことだと気づけた。

そういう風に私を育ててくれた周りに感謝している。

②感想
マスターの1回目までは問題のほうにまだ心がとらわれていたと思うけれど、2回目くらいからそちらはどうでもよくなり、今にいたります。
問題は解決していない感じですが、どちらでもいいかなと。

私は記憶力が割と良いほうですが、不思議なことにアドバンスの内容をほとんど覚えていません。

頭を使わないで腑に落としていくからかと思いますが、聴覚人間の私はゆりこさんが何か話をした時に「それは聴いたかも」「聴いてない気がするけど・・」くらいしか覚えていないのです。

でもそれでいいのかなと思います。必要な時に思い出すようにできているのでしょう。

実はベーシックに参加することを申し込んだ時は、先に進むことは全く考えてませんでした。

とにかく、目の前のことをスムーズに解決したいとう気持ちが強く、なんとかなるのなら・・と言う気持ちで申し込んだと思います。
それくらい、頑なで縮こまって、自分のことだけ考えていました。
人見知りだし、集団で何かをするのは得意ではないので、その点で参加を悩んでもいました。

でも、その参加するという選択は、私に広い世界を与えてくれて、良い仲間との出会いをくれました。

少しずつ自分の扉が緩んでくるのも、この出会いのおかげだと思います。

ゆりこさんと会う時に、私は少しだけ緊張します。

それは小学生の時に先生が教室に入ってくる緊張感に似ていて不思議な感じで、何かが始まるという感じがするのです。(あ、懇親会などでは全く緊張しません。)

感覚的に、自分の何かが変わると未来の私が知っているからメッセージを送ってくれているのでしょうね。

それをちゃんとキャッチして、これからも進んでいこうと思います。

感謝という気持ちがたくさんになると、言葉がなかなか出てこなくなります。

ありきたりですが、ゆりこさん、アドバンスのみんな、3か月間ありがとうございました。

たくさんの感謝をこめて。

Yさん

 

Q1
人の寿命は決まっている。
その決まった役割を全うするだけの事。死期を迎えることは誰のせいでもない。

だから、自分を責める必要はないのだとアドバンスで怒りはどこからでてくるのかの勉強の時に気づきがあり、自分自身を許すことができました。

私の長女は先天性の重い心臓病をもって生まれました。

風邪をこじらせて1歳3か月で短い生涯を終えた娘。

その後二人の元気な娘を授かり、長女のことは納得して生きてきました。

だから、アドバンスでずっと責め続けていたことに気づいたのは、自分自身が一番驚きでした。
娘がゆりこさんを引き合わせてくれたのかもしれません。

やっと娘の死も納得できました。

長女の事で自分を許せて心が軽くなった時、長女と瓜二つの末娘が一人暮らしを始めることになりました。

自宅から自転車で20分ほどのところではありますが、家族に甘えることなく自分でやってみたいと一人で不動産屋と交渉して決めてきました。

いつかは離れていくものですが、このタイミングで?っていうのが次の驚きでした。
以前の私なら、娘より先に不動産屋に行ったり先回りしていたと思います。

スタディ、アドバンスと受けていたからか、娘の行動になんの不安もなく、ただ大丈夫だろう。

それしか思えない私に、「お嬢さんが家を出るのにマンションの確認も行かず、何の心配もないのですか?娘さんをすごく信頼されているのですね。」と不動産屋さんには不思議がられました。

アドバンスは許しの旅でした。

自分自身を許すことができた私は次に信頼という言葉が心の中に復活した。

だからなのかな?娘の行動に大丈夫!それしか思えない。不思議な感覚でした。

最後に主人の不倫行為に対して私は一生許さない、許したらいけないと思いこんでいました。

しかし、ゆりこさんから損得の話を聞いて、なんだ、それなら許してあげようかなと思えるようになりました。

絶対許すべきでないとか絶対許してあげないとダメとかではなく、もう、許してあげてもいいかな。って軽い感じで思えばいいんだ。と気づきました。

次の感想に書きますが、許そうかな?って思ったとたんに、今度は主人が大変身したんですよ(笑)。

Q2
ゆりこさん。スタディ、アドバンスとありがとうございました。

アドバンスの最後で私は主人の不倫は一生許さないと思っていましたが、損得で考えてみる話しを聞いて、不倫した主人を許してあげようかな。そう思えるようになっていました。

すると、主人の態度が違ってきました。

いつものように二人で飲みに行くとお店で「3回も裏切ったのに許してくれるうちの嫁さん。優しい嫁やろ。できた嫁さんです。」って自慢していました(笑)。

酔っぱらいの言葉ではありますが、今まででは考えられない事。

魂が通じた?そして、家に帰ってもずっと私の名前にちゃんをつけて呼び続けて眠りにつきました。

最終日に説明があった5まで開いた。

だからつながったのでしょうかね。

頭で考えることではなく、心で思った。

本当に軽く許してあげよっかな。って思った事だったから、びっくりしました。

そして、思った事は、やっぱり、ゆりこさんはすごい!そう改めて感じました。

ゆりこさんに出会えてよかった。心からそう思います。

ゆりこさんとの出会いに感謝です。

今本当に毎日がキラキラしています。

そう思えるようになったのには、アドバンスを一緒に受けた仲間がいたからこそ成長できたそんなアドバンスでした。

私の中で小さな波が仲間によって大きな波となり私を引き上げる力となってくれた。

今は仲間にも感謝しかありません。

そして、この素敵な仲間に出会わせてくれたゆりこさんに心から感謝します。

ありがとうございました。

Kちゃん

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

お一人お一人の感想を読ませていただき、本当に心に染みる想いです。

わたしが 自分ですごいなあ って思えるのは、

わたしが好きだと思える人たちが来てくれるという現実をつくるところ

それだけです。

花屋さんの店主になった気分ですよ。

好きな花を仕入れて、その花たちをみて幸せを感じているわたしです。

仕入れたときには、ちょっと萎れてるっていうだけのこと。

あなたらしく咲けばいい。

そんな想いで ただみてるだけです。 わたしは。

なぜなら、わたしも自分らしく咲かないと!だもの (笑)

さてさて、本日のベーシックコースのお花たちも

だんだん元気になってきてるよ~~

今日はさらに、栄養剤を入れますよ!っていう感じでしょうか(^^)

お気をつけていらしてくださいね!