夫の不倫・夫婦再生| 夫婦問題カウンセラー ハートツリー > 再生のヒント > 自分らしく生きることが夫婦再生への道につながる

夫婦再生のヒント

自分らしく生きることが夫婦再生への道につながる

2017/01/05

こんにちは

あおきゆりこです。

わたしは、本来ネガティブ思考なゆえ、ポジティブにいこう!

と、思うのですが、あなたはどういうタイプですか?

両親がネガティブ思考で、常に悪いことばかりを想定して、問題回避をしようと頭を使うというタイプだったので、そのまんま継承されましてね。

もし、こうなったら大変だからこうしておこう。

というように生きてました。

だから、あらゆる角度から検証して、大変なことにならないようにという考え方

それって、普通のことだと思っていたのですが、今思うと、行き過ぎ!

それくらいネガティブ思考でした。

完全にダメな場合をしっかりイメージするので、かなりの確率で、問題回避のための準備は役立つのです。

ほら、やっぱり、こうなった。

でも、大丈夫!

ちゃんとそうなっても大丈夫なようにしているから。

と、そこからはポジティブ思考。

いつまでもクヨクヨしたって、過ぎたことはどうしようもない!

前進もう。

で、今は、

そうなっても大丈夫なように。

という問題回避のための思考もとりあえずはするものの、基本うまくいったときのことにフォーカスすることを強めています。

それが、達成されたときの心地よさを体や心で味わう。

あとは、こだわらない。

わたしがシャカリキに動かなくても、外から誰かが何らかの話を持ってきてくれるので、ピンときたらのるし、来なければスルーする。

でも、残念ながらうまくいかないときは、ネガティブに考え出します。

どこでどうなって、おかしくなったのか?

どこをどうしていれば、うまくいったのか?

もちろん、主語は  わたし

相手がああだったから、こうなった。は、なし。

常に自己責任で生きています^ ^

わたしの今までの人生において、不倫発覚を境にこんなふうに変わりました。

それほど、ネガティブ思考に囚われて、前向こう!

過ぎたことはしゃーないし!

なんて、思えなかったということ。

自分がこんなにネガティブ思考で、いつまでもウダウダしてることも嫌だった。

あの頃のわたしが、もし

ネガティブもオッケーだよって知っていれば、少しは楽だったかもしれない。

一生こんな想いをするのではないかと思っていたから。

ネガティブ思考でいるからこそ、反省ができる。

どういうことが、その事象を招いたのか?

自分の奥に何があるのか?

今はもう、そのあたりがスラスラと出てくるので、ネガティブ思考に浸る時間はかなり短くて済むし、かつ、そこから出てきたブラックなものも、オールオッケーにして前に進めます。

不倫されたってことは、自分的にどういうこと?

その自己分析ができれば、ほんっとに楽になる。

いつもいうけど、決して自分にとって不都合な結果のために起こっているものではありません。

自分らしく生きてない。

それ、おそらく全員なのではないかなと。

そして、多くの人は、自分らしさって、わかってないの。

だから、夫が何をしてようと、まずとことん、それを探求するといい。

それがまたできなくて、夫にばかりフォーカスするから、苦しくて仕方なくなる。

もし、あなたがとことん、自分らしく生きていく。

っていうことを決めて、自分のために動くことができるようになれば、

今のご主人と、添い遂げるストーリーを創っているとしたら、不倫が起ころうと、どんなに喧嘩してもうまくしかいかない。

でも、自分らしく生きることを気づかせてもらうためであったり、子どもを誕生させるための結婚であったとしたら、不誠実な人とは離れたくなる。

あなたが、誰よりも何よりも自分を愛する覚悟をすればいいだけ。

自分らしく生きるっていうことを、勘違いしている人も多いように思います。

自分らしく生きるようになれば

ゲシュタルトの祈り

私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。

私は何もあなたの期待に応えるために、この世に生きているわけじゃない。

そして、あなたも私の期待に応えるために、この世にいるわけじゃない。

私は私。あなたはあなた。

でも、偶然が私たちを出会わせるなら、それは素敵なことだ。

たとえ出会えなくても、それもまた同じように素晴らしいことだ。

Frederick Perls
フレデリック・パールズ

この詩を読んで、その通り!と思えるでしょう。

そして、人の本質は愛

自分のために自分の希望を叶えるために自分の命を活かすことができれば、

それは結局相手への愛にもなっていく

自分も相手も、受け容れることができていくし

受け容れたくない人とは、自分のために離れることができるから。

そんなこと、難しいって思いますか?

そんなことないですよ^ ^

まずは、自分らしさってどんなだろうね?

この祈りを初めて知った時、すごく衝撃でした。

そうか。

わたしは他人の期待に応えるために生きてるわけじゃないし、他人もわたしの期待に応える必要はないのよね。。。

でも、自分が相手の期待に応えたい!って思えば、そうすればいいだけのこと。

わかりきっていると思ってたけれど、まるでわかってなかったことに気づき、

そこから夫に期待するのをやめました。

希望や願望は、ありのまま伝えるけれど、それに夫はノーと言う権利があるし、ノーの場合、折り合いがつけられるのなら、それでよし。

無理なら、考えればいい。

共にこれからも歩くかどうかを。

結婚って、わたしの中では永遠のものという概念が外れています。

夫と一緒に生きることにおいて、苦が伴うなら終わりにする覚悟で再び歩き出しました。

同時に、夫にとってもわたしと一緒に生きることに苦が伴うなら、終わりにしてほしいという話し合いもしました。

結婚なんて、たかが紙切れ一枚の契約に過ぎない。

不倫問題は、そこを実感することになり、それゆえ快適な夫婦関係を再生できたと思っています。

妥協や我慢なく、純粋に相手を思う自分を大切にする結果だから。

この仕事を始めたのも、そんな夫婦再生が心地よいことを知ってほしいと思ったからでもあります。

不倫問題が起こった夫婦に、無難な夫婦再生などない。

無難でありたいなら、修復だけすればいい。

すでに起こった難は消すことなどできないくらい、脳には刻まれている。

それごと共生していくのが、夫婦再生

だからこそ、発覚後の数年が大切な時期でもあるのね。

自分と向き合って、本当にあなたが望む人生をゲットしていこう!