夫婦再生のヒント

今の想い

2016/12/05

こんにちは

あおきゆりこです。

感謝祭の感想が送られてきて、読ませていただきながら、また胸が熱くなってました。

ありがとう。

まだ、起業前、電話カウンセリングだけをしていた四年があり、年間約千件のご相談を受けていました。

(これ、今思うとすごい数だ!)

そして、いよいよ起業するという際のなんともいえない恐怖、不安

今思うと、何がそんなに不安だったのか

???

となりますが、とにかく

でもさ、ああなったらどうしよう。

こうなったらどうしよう。

そんなわたしを支えてくれた心友がいて、ハートツリーの名前も提案してくれました。

不安ながらも気持ちは前しかみてなかったわたしは、それ!それいい!

と、即決で決まったハートツリーという名前

その心友は今、スタッフとして共にハートツリーを支えてくれています。

木になるハートの実が、こんなにたくさん。

まだ、赤くなりきっていない実もあるけれど、確実に育っていくことでしょう。

感謝祭で、それを確認できたこと、スタッフ共々とてもうれしく思っています。

今、一人で悩みを抱えている方には、一人で抱えないこと。

を、まず一番に提唱します。

もちろん、何かを考え、何かを決めるのは自分ですし、そこを、誰かに決めてもらうことなど無理なこと。

でもね

苦しい時、辛い時

何を話しても、わかってくれる仲間がいるってこれほど、ありがたいことはない。

まして、同じ道を通り、もがき苦しんだであろう人の輝きを目にすることほど、希望が持てて、安心することはない。

選択した道はバラバラであっても、根底は同じ。

愛が循環しているなあって思うのです。

あの当時、苦しみの渦中で、わたしが探し回ったのは、同じ経験をギフトに変えた人たちでした。

まだブログというのも、今ほど一般化していなかったので、本当にそういう人が少なかったし、いてもコンタクトなどとれる状況でもなかった。

だから、まずそこをなんとかしたい。

そう思っての今です^^

最も信じていた人の裏切りほど、辛いものはない。

腹がたつし、悔しいし、寂しいし、悲しい。

負の感情のフルコースを来る日も来る日も味わうことになる。

幸せとか、感謝とか、まして

なんて、文字すら他人事となり、自分にはもうそんなことを感じる日はこないかもしれない。

そんなふうに、絶望感と仲良しの日々

それでも、わたしは探したの。

必ずギフトがあるはず

神様は、絶対わたしを不幸にするはずがない。

別に普段から神信者だったわけではなかったけれど。

何かはわからなかったけれど。

常に人間は何か大きなものに護られているはずだという信頼はもってたから。

だから、こんな辛い出来事も、なにか素晴らしい意味合いが必ずあるはずだと。

夫を再び信じようなんて思うことはなかったけれど   笑

自分の未来を疑うことはなかった。

未来に、あんなことがあったおかげで、今の自分がいて、隣にわたしを心から大切にしてくれる人がいるなら、それは夫に限定しなくていい。

他の人でもいい。

できれば、夫であってくれたらうれしいけど。

それすら、自分の気持ちに正直であればきっと良き方向に流れ着くはず。

とにかく、今、自分に嘘をつくことはやめよう。

そんなふうに思いながら、息をするだけで精一杯な日を送ってきた。

もしあのとき、同じ道を歩いた人が身近にいてくれたなら、もっと楽に自分の明るい未来をイメージできたでしょう。

夫とどんどん修復されていき、新しい関係性が築けてきたとき

そうだ。

わたしがその人になればいい。

かつて、わたしが探したそういう人になれば、あの苦しみさえ光に変えていくことができるのではないか。

よっしゃーーー!!!

不倫されても、いや、不倫されたことで、今まで味わったことのない幸せを味わい尽くすぞ!!

他者の人生を見て、いいなあ。

わたしには無理だよなあ。

なんて思ってたこと、

そんなことはない。

無理だと思うから無理なんだ。

人は、無限の可能性をもっていて、何歳からでも気づいた時からその方向へ向かうことができて、手にすることができるんだと。

わたしを選んでくれた人たちの笑顔がみたい。

幸せな顔になるのがみたい。

自分の可能性を信じられるようになって、不倫されたからこそ、今があるんだと、想像以上のギフトを語るようになるところをみたい。

マスター1期のメンバーたちが、見事にわたしの願いを叶えてくれました。

感謝祭の前に集まったランチタイムから、ワクワク感は、はち切れんばかり。

楽しくて仕方ない!

という、笑顔を喜びつつ

これはやばい。

タイマーをかけておかないと、感謝祭に遅刻しそうだ!!

と、タイマーをセットしながらのメッチャ楽しい打ち合わせランチ^^

もうすでにここから感謝祭は始まったのです。

仲間への感謝の気持ちが溢れてた。

また来年もさらに大きなギフトを手にしてこの場に戻ってきてくれるだろうし、

今年はそのメンバーたちの話を聞いて、

よし!わたしも!

そう思った方々が、来年はギフトを手にしてまた戻ってきてくれることでしょう。

こうして、不倫されたけどね。

夫は愚かな選択をしたけど、そのおかげでこんな幸せを手にした。

そう言う人たちがさらに増えるはず。

ちょうど10年前

「あなたは、人を導き前を歩く人。

今、間違えた道を歩いているから、もうすぐ試練が起こる。」

わたしにそう言った霊能者がいた。

頭がおかしいのではないのか?

そう思ったけど、その数週間後

見知らぬ女物の下着が洗濯物に混ざっていた。
というところから始まった発覚へのカウントダウン

ほんとに大きな試練だった。

それにしても、あの霊能者

今頃どこにいるのだろう。

あのとき、そんなふうに言われて

アハハ!

導くって何を?お笑いでも導けってか?

って、笑い飛ばしてた。。。

今思うのは

導くってところは違和感があるけれど、

不倫されても、人生という括りで捉えたら、悪いことばかりではない。

そこから拾えるものがある。

何かあって、迷ったとき、

とりあえず、笑っとけば、お笑いの神様が救ってくれるのかもしれないよってこと。

笑うことの大切さを人々に伝える役目を受けているように思う今日この頃。

あ!

だから、お笑いの素質のある人々が集まってくるのか!!

だから、不倫されても笑える場になるのね
( ̄∇ ̄)

まあ、そんなわけ(どんなわけ?)で、感謝祭のことを書いてくれているブログも読んでみてくださいませ!

みずきさん

千紗さん

みきさん

ももこさん

けいこ.さん

マナさん

出会いのきっかけは夫の不倫

そのギフトとして
出会えたこと、ほんとにほんとにうれしすぎ。

普通に暮らしていたら、絶対出会ってない。

魂のお友だちなんだろうと思います。

いつか、あっちの世界に還ったとき

お疲れ〜!って言い合える仲間たちなんだろうな(^ ^)

年に一度この場に来ると、そんな仲間たちが集まるって、

七夕より夢があると思いませんか?(^ ^)

あ、夢があるというより、笑いがある

だな。やはり   笑

また、来年も共に笑いましょうね!

あなたのご参加もお待ちしてますよ!