夫婦再生のヒント

ありがとう!

2016/12/03

こんにちは

あおきゆりこです。

今、4時半です。

最近、何かがある前日って早く目が覚めます。

まるで、遠足が楽しみでっていう子どもみたいに 笑

今日は、年に一度の会員限定イベントの感謝祭です。

4回目になりました。

三年前、スカイツリーの隣でプラネタリウムをみて、高層階でランチして、お茶して、っていうところから始まり、翌年からは会議室を借りてっていう形式

何をするでもなく、おかし食べて、しゃべって。

と、まあ楽しくワイワイするんですけどね(^ ^)

今年も60数名の方と共にです。

ちょっとイメージしてください。

夫の不倫

ということだけが共通点で、きっかけはあおきゆりこのカウンセリングを受けよう、または、講座を受けよう。

と、思ったところから出会いがあって、親しくなっていき、遠慮なく話せる関係が築かれていったわけで、気がつくとこんなにたくさん!

不倫された妻の集いって、どんだけ暗いのかと思うかもしれない。

ちょっと、パスしたいわ。。。

って思うかもしれない。

想像は完全に裏切られますよ(^ ^)

メチャクチャ楽しいから!

あ、別にわたしが何かをするから楽しくなるとかってことじゃなくて、

わたしも、みんなをみているだけで、楽しめるのよ。

何より、『感謝祭』っていう名目だから、すでに感謝の気持ちと共に会場入りされるのでしょうね。

だから、なおさら場の雰囲気は楽しくもあり、あったかいの。

心より安心できる場です。

丸裸で臨める場

あ、服着ていきますよ  笑

そこにいるわたしは、いろんなラベルは貼りつつも、心は全開です。

だから、楽しいのですけどね(^ ^)

それぞれの人の中に、不倫というキーワードでストーリーがある。

すでに、サクセスストーリーに書き換わっている人

そうなりつつある人

今、ストーリーを描いている途中の人

いろいろです。

わたしが知って欲しいのは、

そのストーリー、脚本の責任者は自分自身

エンディングを悲しくするのも、ハッピーにするのも、すべて自由に描くことができる。

もちろん、主役は自分自身

夫は脇役にすぎないということ。

多くの人は、夫を主役にした脚本をかいていることにも気づけなかったりするのね。

常に自分が主役だから、その主役に演じさせたい感情を描くこと。

そのストーリーの1ページに、仲間との出会いがあり、その仲間と集う1日がある。

その中に、わたしもちょこっと登場させてもらえることへの感謝

あおきゆりこを見つけてくれてありがとう!

そんな想いで向かいます。

体調不良や、仕事で来れなくなった方も数名いらっしゃいます。

寒さも厳しくなっていくし、仕事も忙しくなる時期

どうぞ、ご自身のからだを優先に、ご自愛くださいね!

本日ご参加いただけるみなさん

お気をつけていらしてくださいね!