夫婦再生のヒント

ありのままで、夫婦再生

2016/11/25

こんにちは

あおきゆりこです。

ありのままの自分でいい。

と、よく言いますが、

ありのままの自分を知ることがまず難しいですよね。

なぜなら、

知らないということを知らないし、

知るすべを知る機会も少ないから。

夫婦って、やはりありのままでいられる環境をいかに作れるか?

それに限る。

わたしたち夫婦は、そんなことを知りもせず、知ろうともせず、よくまあ20年続いたものだと。

今なら、そっちの方がすごかったと思う。

まあ、夫はそのうちの5年ほど愚かな選択をしていたわけだけど   笑

その5年間、わたしと子供達にとってはとても大切な時間で、ガッツリ絆を深めることができていたわけです。

あんなことしてる暇があったなら、子育て手伝って欲しかった。

家のこともしてほしかった。

そんなふうに腹を立てたこともあったけど、

もし、あの二人の状態で、彼が子育てや家事に関わってくれたとしても、わたしは絶対不平不満をぶつけてた。

なぜなら、根本的な問題がみえなかったから。

ようするに、タラレバで考えても絵に描いた餅だということ。

結局、事が発覚した後

わたしが深く学び始めたのをきっかけに、いろんなことを試してみた。

ま、それが功をいやしたってこと。

そうして10年

ありのままの自分でいることでしか、パートナーシップは確立しない。

ということが、本当に身に染みている。

偽りとまでは言わないけれど、エゴだらけの自分でいた頃の夫婦関係とは180度違うから。

ほんとに、わたしの感覚では、あのとき、前の夫とは離婚して、その後今の夫と出会って再婚しました。

っていう感じです。

復縁したとかってことでもなく、まったくの別人とっていう感覚

なので、前の夫との結婚生活はああだった、こうだった。

でも、わたしも未熟だったし、ありのままで生きてなかった。

今は、ありのままにはまだ届いてないけれど、常に自分らしくいることにしているからこそ、築けた関係

さらに、ありのままの自分に近づくでしょうから、もっと人生が楽しくなるでしょう^ ^

夫の愚かな選択は、わたしにとって最高のギフトをいただくきっかけになった。

不倫はギフトを運んでくる。

というのは、まぎれもない事実

でも、残念なことに、多くの人はそれを信じないし、手にできると思ってない。

ほんと、もったいない。

不倫からのギフトを手にするまでの段階で諦める人も多いのよ。

でね

まさか

夫の不倫発覚。

わあ!ギフト来るぞーー!!

なんて、思えるわけがないですよね?

そこから数年は、地獄を歩くわけでしょう?

早い人は数ヶ月かもしれないけど。

その地獄の歩き方が大事なの。

そこで、どれほどのエゴと対面するか。

歩みを止めずに、自分のエゴと対面していけば、自ずとギフトは来るように決まっているといっても過言ではない。

地獄を歩くとき、夫をひたすら責める人

自分をひたすら責める人

夫を責める人は喧嘩になるけど、自分を責める人は、波風が立たないだけで、内面はドロドロですよね?

結局、どっちのパターンも同じです。

言いたいことをいうのも、言いたいことを我慢するのも、

結局誰かを責めているという時点で、エゴの勢力の中にいるだけのこと。

ありのままの自分とは会えてないのです。

わたしの活動は、そのエゴをみつけ、認め、緩める。

そのためのサポートです。

ありのままの自分と対面してほしいから。

そして、わたし自身もありのままの自分と対面することを継続中

エゴを緩めると、その人が持つ本質の愛の部分からのエネルギーが周りに自然と放射する。

だから、周りの人も緩んでいくのね。

パートナーシップって、そういうこと。

不倫というものの中には、絶対ギフトがあるんです。

でもね

それはギフト券みたいなもので、自分が交換しようとする意志が必要だよってこと。

そして、交換所に行くためには

チョー、ネガティヴゾーンがありますよってことね。

そこを避けてはたどり着けない。

で、ギフトなんてないってことになる。

ありのままで生きる方法を学べ、ギフトも手にできるなら、ネガティヴゾーンも悪くない。

今後の人生、ずっと恩恵にあやかれるなら、数年どっぷり、自分のエゴと向き合ってみませんか?

スタディってそんなコースです。

徐々に自分のエゴと向き合うわけです。

なので、少しずつありのままの自分と対面することになる。

ありのままの自分を見つけられたくないエゴは抵抗するので、ところどころ大変ね^ ^

ベーシックのメンバーは、今、エゴと向き合っているところですね。

緩めてありのままの自分と出会っていきましょう!

どんどん楽になるから^ ^