夫婦再生のヒント

チーム

2016/11/19

こんにちは

あおきゆりこです。

チームハートツリーを作る。

そんな構想は、元々もっていました。

けれど、協会とかそういうのってめんどくさいなあ。とか、やはり個々がいいなあ。

という想いもあって、まあ、タイミングがきたら、動くのだろうな。わたし。

そんなふうに流れてきた。

そして、9月以降、だんだん明確な意思がわいてきた。

同じ方向を向いている者が、同じ意図を持ち、普段は個々に活動しながらも、応援しあい、何かあるときには集まれる。

嬉しいときには、喜びは数倍

辛いときには、辛さが減少

そこに行くと、また活動するぞ!って意欲がわいて、それはその先いる誰かのためにもなっていき、笑顔が循環できるといいな。

そんなチームを作りたい。

わたしはすでに、そんな理想を持って、そんな最強のチームをすでに作り上げた。

家族

同じ方向を向いて、同じ意図を持ち、それぞれが自由に好きなことをしながらも、お互いを応援し、喜びや悲しみをわかちあい、それぞれの先にいる人たちのためにもなっていくような。

そんな生き方をする家族でありたい。

ずっとそう思っていました。

そして、そうなれてるなあ。って思います。

夫婦、親子といえども、自分ではない他人

わかっているつもりになってはいても、結局のところ何もわかってなんていないわけで、

どこまで、わかろうとすることができるか?

そして、やっぱりわからないや!

と理解できたら、最高の関係が築ける。

いつも一緒にベタベタする家族は、まったく理想ではなく、離れていても思い合える家族が理想だった。

家族って最強のチームだと思う。

でも、そのチーム作りが今は難しくなってきたのかもしれないね。

そして、すでにチーム家族   は、達成したから

チームハートツリーを作りたくなったのかもしれない^ ^

厳しいことを言い合っても、笑いが絶えないってすごく素敵だと思うのね。

わたしは、子どもを育てるとき、

お母さんがいなくなっても、この子たちがずっと幸せでいるためには?

を、常に考えながら育ててきました。

だから、チームハートツリーも同じ

ゆりこさんがいなくても大丈夫

そんなチームにしたいのです。

あ、もちろん、作っておいて、一抜けた!はしませんよ   笑

それに、そんな心地よいチームが作れたら生きてる限りずっとそこにいたいでしょう^ ^

それぞれ、個々の活動を応援しあえるチームって自由でいいなあと^ ^

そのための構想はさらに広がるのだろうなあ。

それも、今後の楽しみかも。

チーム家族の作り方

そういうのを知りたいっていう方もいらっしゃるでしょう。

そういうハウツーを教えられる人も、今後は育てていこうと思ってます。

ウキウキワクワクです。

今日もいい日になりそう^ ^