夫婦再生のヒント

キョーフちゃんの話

2016/11/08

こんにちは

あおきゆりこです。

きのうに引き続き、恐怖の話

怖いっていう感覚って、ものすごく大事です。

ほんとに、ほんとに大事

なぜなら、自分を守ってくれる感覚だから。

本来人間にはその感覚を察知するアンテナがしっかり備わっているのです。

が、普段感情を味わわなくなってきたり、要するに、思考が常に優位だったりね。

そうなると、そのアンテナは錆びついてくる。

(ほんとに、アンテナが頭にあって錆びるわけではないよ!
イメージね!!)

多いのは、負の感情を嫌うがため、わざとポジティブ思考で

大丈夫!大丈夫!と、スルーしようとする。

この場合の大丈夫と、わたしがいう大丈夫とは、違います。

どんなにネガティブでも、負の感情を感じても、それでも味わい尽くしたあとは、必ず大丈夫になってるよってこと。

だから、怖いなっていう感情が湧いたのなら、それに蓋をしないこと。

そして、思考も、無理やりポジティブにもってくより、ネガティブに浸る。

大事なのは、そのときに、負の感情やネガティブ思考にコントロールされないってこと。

あくまで、それは自分の大切な感情であり、思考だということを知っておくこと。

今、こんなこと感じてるんだね。私

今、そう思ってるのね。私

だから、怖くて前に進めないんだね。

っていう理解

これがないと、それってほんとに怖がる必要のあるものかどうかの区別もつかなくなる。

そして、ぜーんぶ、ひとまとめにしてしまって

なんらかの理屈を取り出して、行動しないことを選択してしまうのね。

わかっているけど、今は怖くて動けない。

っていうのと、

わかってなくて、別の理由にすり替えて動かないっていうのでは、結果がまったく違ってくる。

多いのは、人のせいにする人だな。

ほんとは、自分が何かを恐れていて動けないのに、子どもが。。っていう人など、一度ご自身と向き合った方がいい。

私、怖いんだ。。。

それがみえたら

おめでとう!!

その恐れをキョーフちゃんとして、共にいようと思えばいい。

そのうち、怖くなくなるから。

でも、恐れがない。なんて思っていると、奥深くの恐怖はどんどん肥大化していくのね。

ますます動けなくて、怒りは恨みに変わってく。

どうか、どうか

夫の不倫であなたをそこまで痛めつけないで。

恐れは自分を守るための感情

だけど、誤作動もあるので、本当に怖いのか?ちゃんと確かめよう。