夫婦再生のヒント

キョーフちゃんと共に歩く

2016/11/07

こんにちは
 
あおきゆりこです。
 
 
人には新しいことをするときには、必ず防衛反応が起こるようになっている。
 
今まで、言いたいことが言えずにいた人が、気持ちを伝えようとしたときなんて 
 
やめておけ!
 
そんなことしたら、嫌われるよー
 
うっとうしい、しつこい女だと思われるよー。
 
せっかく波風立たなくなってきたのに、また喧嘩になるよー
 
もしかしたら、また女と会い出すかもよー
 
もう、なかったことにして、グッと我慢した方がうまくいくよー、
  
ってな感じかな。 
 
で、そうやってきた結果が、今目の前にある現実です。
 
ずっと、その現実のままがいいなら、今のままでなんら問題はありません。
  
 
が、今の現実が続くことがいやなら、あなたが変わらなければ変わらないよ?
  
夫が、なにかお勉強して
 
よし!俺が変わる!
 
なんてしてくれるのなら、別だけど。
 
 
そうでもない限り、思い込みなんかと向き合うことなどないので、行動も変わらない。
  
では、どうするか?
  
あることに気づけたら、自分が変わってみようって思えるのです。
  
で、スタディなんかに参加される人は、あることに気づいていくから、どんどん変わっていく人が多いのね。 
 
でも、中には変わらない人もいるわけです。
 
それは、
 
今、内面の変化中!
  
の人 
 
変わらないを選択しているのではなく、変わりたいからスタディにくる。
 
でも、怖いの。
 
あるものが大きすぎて。
  
で、量も多いのかもしれない。
  
 
だから、まずは自分の中で変化を起こし中なのです。
  
 
だから、すっごい葛藤だろうね。
 
 
葛藤の波動が表に出るからまたさらにいやなことが起こったり。
 
 
そういうのを超えてくのです。
 
 
どう越えるか?
 
どっちでもいい! 
 
なんでもいい! 
 
今こんなにたくさんのあるものを抱えてるのね!
  
オッケーだよ!
 
しっかり、自分の現状に許可すること。
 
この、許可することが簡単にできる人が、変化が早いの。
 
割り切る、開き直るともいう。
 
なかなか、許可できずにいる人が、負のループにはまるのね。 
 
そして、たぶんそれも大事な行程なのでしょう。
  
 
で、それが私だ!だからなにか?
 
くらいに開き直れたとしても、やはり変化の一歩目は怖いのよ。
 
 
不安なの。 
 
これ、ないっていう人はいないと思うのです。 
 
わたしも、メチャクチャ怖がりですから   笑 
 
昔は石橋を叩き割って、しまった!
 
と、気づいてまた別の橋を探す。
 
みたいなことしてました   笑 
 
今は経験から、石橋は頑丈なことを知っているので、石橋がでてきた時点で渡っても大丈夫だと思ってます。 
 
そして、メッチャ、ビビりながら進むんですよ   笑
  
夫は、あなたには怖いものがないだろ?っていつも言いますが、そんなことはないです。 
 
そう見えないかもしれませんが、新しいことをするときには、一応ビビッてます。
 
 
で、これが大事なの。
 
怖いなと思うとき、どういうことを自分は恐れているのか?
 
その恐怖としっかり対峙すること。
 
そして、その恐怖を、たとえば
 
キョーフちゃん。とかって名付けて、ポッケにいれて歩こう。みたいな。
 
キョーフちゃんをそこにおいてから、進もうとするから、進めないのですよ!!
  
怖いもんは怖い!
 
 
夫に伝えるの、メッチャ怖い。
 
だって、喧嘩になってまた怒鳴られるかも。
 
嫌われるかも。
 
女とよりを戻すかも。
 
ああ、そんなこと怖がってるのよね。
 
そうなるかどうかわからないのに。。 
 
でも、怖いもんは怖いから、このキョーフちゃんポッケに入れよう。
 
そして、まず、一歩だけ進んでみよ。 
 
 
そんな感じ。
 
一気に進まなくてもいいしね。
  
後退してもいいしね。
  
とにかく、何か変えたい。
 
伝えたい。 
 
そう心がいうなら、そこにあなたの幸せがあるということ。 
 
だから、キョーフちゃんと、共に歩けばいい。 
 
たぶん、途中からキョーフちゃんは小さくなって、石橋を渡り終える頃には、ホッとちゃんに変身してるよ^ ^ 
 
で、
 
あれ?私なんで、こんなこと怖かったんだろ?? 
 
みたいに、そのあとは、スキップして進んでくから。
  
そんな人の多いこと!!
 
あんなに怖がってたのにねーーって笑い話よ^ ^
 
 
あなたも今、なにかしら、変わりたいのに変われない。
  
そんな葛藤があるとしたら、あるものがあるからゆえの恐怖
  
そして、それはみんな当たり前にでるもの。
  
だから、キョーフちゃんにして、ポッケに入れて、共に進んでみること。
  
大丈夫 
 
いつか、笑い話になるから。
 
で、あるものってなに? 
 
っていうのは、そこにビリーフとか、心にすでに持ってる傷
 
というものにあたります。
 
 
とにかく、キョーフちゃんと仲良くね!