夫婦再生のヒント

ネットの功罪

2016/10/28

こんにちは

あおきゆりこです。

朝夫が

今年もあと、2ヶ月やなあ。

早いなあ。

あっという間に歳とるなあ。

と、言って車を降りて行きました   笑

確かになあ。と、その言葉の余韻を感じつつこの記事を打ってるのですが。。。

年々時間の過ぎるのが早く感じます。

1秒の感覚が少しずつ短くなってるんじゃないのかって思うくらい。

でもね、おととい泊まったロッヂはネット環境がイマイチで、スマホ使えなかったのです。

家にいるとき、仕事以外ではスマホを使うことはない生活をしていると思っていたのに、ぜんぜんそんなことはなく、明日の天気はどうかと思うとスマホだし、ふと思ったことも検索したり。

ネット環境がないと、時間の流れってとてもゆっくりしている。というのを改めて実感しました。

今を生きる

というのは、本当のところネットから離れるということも大事かもなあと。

その昔、そんなものがない時代に比べると、遥かに人々の悩み事は増えているから、頭を使うことも多いのだろうと思う。

だから、感覚がだんだん鈍っていくのだろうなあ。

人と人とのコミュニケーションも、ネットを介してというのがほとんどになっているし、それが悪いってことではなく、
とても便利な反面、大切な気持ちを伝える場が少なくなり、すべてメールやラインでっていうことをしてしまうと、相手とつながっているという心地よい感覚も味わいにくくなるように思う。

クライアントさんのお話も

夫にラインやメールで伝えたとかってよくありますが、それ、どうなの?ってわたしは思っているのね。

絵文字では、笑っているけれど、

ほんとはそうではない。

なんてよくあることだと思う。

でね、そういう文字からも実はエネルギーってでているわけで、感じやすい人とそうでない人がいるっていうだけのこと。

わたしは、かなり強く感じるタイプなので、ほとんどメールやラインは家族とも業務連絡にしか使ってない。

そういうもので、繋がらなくても、すでに強くつながっていることをみんなが知っているって感じでしょうか。

文字に一喜一憂することって、あまり意味がないなあと思います。

1つみなさまに気をつけた方がいいよってことをお伝えできるとしたら

見ないのに、付けっ放しにしているテレビ

やめたほうがいい。

音声はどんどん耳から情報として入ります。

意識を向けていないから、覚えてはないけれど、潜在意識はキャッチしてますから。

そして、ストレスを感じたりしている。

非常にもったいないです。

ただでさえ、夫のことがストレスになることが多いとしたら、できるだけそれ以外からはストレスが来ないようにすることって、自分への愛でもありますね。

朝から夜までテレビと友達。

完全に夫のことですが   笑

わたしは、うるさくて仕方ない。

静かなところで、自分の心と対話して、心の希望をどうやって叶えるか?と、考える時間は至福の時間

また、これから紅葉の時期ですね。

ネットから離れて、紅葉のおっかけをしたいなあ。

などと、心は言ってたので、そういう時間を来年は設けようかな^ ^

きょうは、思うまま、綴ってみました。

明日はスタディ、3日目!

5日間のうちで、もっとも楽しい時間となります。

メンバーたちの宿題発表が楽しみです^ ^