夫婦再生のヒント

ビックリした!大絶賛のイカレポンチ

2016/09/22

こんにちは

あおきゆりこです。

【イカレポンチだった夫】

たくさん、メールいただきました。

よくぞ!言ってくれました!

ピッタリ!!!

って。

まさか、イカレポンチというのが、こんなに絶賛されるとはおもわず 笑

こういう方も多かった。

Nさん

ゆりこさん

昨日のブログのイカレポンチ

ピッタリの言葉に笑えました。

常々、お花畑の夫とかっていう言葉に、なにやらチクチク胸が痛んでいたのですが、

お花畑と不倫を一緒にするなんてっていうところだったんだと気づきを与えてもらえました。

そっか。

あの頃の夫って、イカレてたんだ!

と、なんか納得できまして、昨日までのモヤモヤも吹っ飛びました。

今は、元の夫戻っていて、これが本来なんだなって。

夫の顔見たら、イカレポンチだった夫だって思うと、笑えました。

なんか、大丈夫そうな気がします。

ありがとうございました!

Nさん

なんだかわからないけど、イカレポンチで前に進めてよかったですね!^^;

そうなの。

わたしも、お花畑っていう表現が、なぜかいつも胸元でひっかかってました。

お花畑、大好きだもの。

きれいじゃないですか?

かわいいじゃないですか?

それ、不倫して非現実的になってる人と同じか?

って。

ちゃうやろ。。。

結婚前の恋愛している二人が、周囲も見えずにいるときに、

お花畑中だね。

なんていうのは、かわいいと思う。

いい時だなあ。なんてね^ ^

でも、ええ歳こいたおっさんがよ?

無責任なことしてるだけ。

既婚者で、両肩に家のローンから子供の学費から、年老いた両親のことやら、なにやらたくさんぶらさげながら、

非現実の世界で遊んでるだけなのに、(逃げてるともいう)

それをお花畑って。。。

精一杯咲き誇るお花たちに失礼。

本人たちはそう思いたいんだろうけど、ここはやはり現実をみてもらうとしたら、

イカレポンチ

が、ピッタリよね。

でもね

この言葉を使う時に気をつけて欲しいのは、

不倫した人が、イカレポンチな人ではないよ?

今、不倫中で

現実がみえなくなって、現実的な思考能力が落ちている人のことを言ってるだけ

あるいは、妻にばれてるのに、そこ現実的な対処ができない人のことを言ってるだけ

そういう時期に身を置いている時期をさしているだけ

そんなふうに理解してもらえるといいなと。

だから、不倫していたけど、今は現実に戻っているなら、イカレポンチな時があった人

イカレポンチだった人

ってことで、あくまで今ではないからね^ ^

あなたの中でも、そこ区別ができたら、Nさんのように、もういいや!って笑えるかもしれませんよ^ ^

でね、ついでにいうと

ありのまま生きる!

っていうのを、イカレポンチで生きるっていうふうに解釈している人も多いかなって思う。

なんせ、イカレポンチ中は、自分がその最中にいることすらわからないからね。

だから、イカレポンチ中の夫に嫌われないようにと頑張るとしたら、それ、伝染中かもよ?

ってこと。

しっかり、現実をみてみよう。

あなたの人生は、素晴らしいはず。

いつ覚めるかわからないイカレポンチを、いつまで待つの?

待ちながらも、あなたが自分や大切な子どもたちのためにできることがあるはず。

この人、今イカレてるから、放っておこう。

そう思えるなら、それもありだと思うけど、自尊心を傷つけながら、一緒にいるのって、それでいいの?

あなたが、自分のためにと心の底から思えた時に、現実は動くかもしれませんよ?

また、すでに過去のことになってるなら、イカレてた時期があったなってことにしちゃえばいい。

あ、そして、このブログ

不倫した側の人も読んでくれてたりしますので、一言

自分もイカレポンチだったなあ!

と、思えたら、あなたはもう回復できてますね!

イカレポンチだった人

そう言われて、ムカってくるなら、自分自身との向き合いが足らないよ?

自分のしたこと

妻や子どもたちをどれだけ傷つけたのか?

しっかり反省した方が、今後のあなたのためだと思う。

ま、長い結婚生活にはいろんな波風があるわよね!

そこを共に越えるのも、夫婦ならでは。。

あなた一人で抱えるものではないよ?

共に越えようとしないなら、それはイカレポンチではなくて、そういう人なのかもしない。

イカレポンチは、元に戻るけど、それが本性なら、

さあ、どうする?

人生は長いようで、実は短い。

あなたが、あなたのために

今日を大切に生きましょう!