夫婦再生のヒント

心の傷知ってますか?

2016/09/15

こんにちは

あおきゆりこです。

先週末始まったアドバンス

いきなり、佳境です。

不倫によって傷ついた傷にフォーカスするのですが、、、

やはり

知らないんですよ。

自分の傷を。

ほんとに、潜在意識は巧妙に傷を隠す。

不倫されて傷ついたってことくらいは、誰だって知ってる。

痛いから、苦しくて辛い。

でも、

じゃあ、その傷って?

って、わかってないんです。

だから、何年も痛い。

痛いのに、痛みが慢性化して麻痺する。

そして

何かのキーワードなどに、いつまでも反応して、

やはり、この人は。。

と、不倫した夫を責める。

結局、自分がまた負の感情に落ちる。

するとね

自分の出す周波数は、自動的に低下しますから、そういう出来事と遭遇する。

これ、何十年とやるんですよ。

前回のアドバンスから、ボイスチェックという秘密兵器?を登場させていますので、わたしの感覚だけでなく、何かに蓋をしているかどうかがすぐにわかる。

傷つきたくないから、隠してきたものがある方ほど、不倫された傷とも向き合いにくい。

あえて、その傷をさらす。

さらすことの意味は

傷の手当は自分しかできないということを知ること。

そして、今まで自分が放置してきたことを知ること。

そして、その傷を自分が慈しむこと。

一番大きな意味は

不倫されたことによって、ついた傷ではないことを知ること

すでに、大きな傷が、不倫されたということで、隠していたのにスイッチを押されたということ。

この傷の状態を知らずして、不倫されたことがギフトになることはないのです。

なぜなら、この傷がある自分ごとオッケー!

よくやってきた!

もう大丈夫だと心から思えるようになるからこそ、自分の好きなことを好きなように楽しめるようになることに、自分が許可できるようになるんです。

ちなみに

わたしは、その傷を無理にさらすようなことはしない。

本人が気づきを得るまで、いつまででも待ちます^ ^

なぜなら、わからないときって、その人の準備期間だと思ってるから。

イメージでいうと

潜在意識という、自分の無意識の領域に鉄の箱があって、その中にたくさんの傷をいれて生きている。

その存在に気づくことなく、生きることも可能

ただ、心は重いし、生きづらくなる。

それを麻痺させて生きる。

けれど、その傷に気づくための事象は起こってくる。

なぜなら、軽く生きるため

幸せになるために生まれているから、そうやって起こす。

そして、傷の存在を知り、鋼鉄のように硬い箱から取り出した時。。

実はその箱

鉄などではなく、ダイヤのようにキラキラしているものだったと、気づく。

だから、傷を省くのではなく、またダイヤの箱に入れて、そのまま共に生きればいい。

そうなると、傷はもう宝物

そして、次から次へと起こる事象も変わっていき、どんどんギフトはやってくる。

不倫問題を越えるってね

まずは、自分と向き合うことってそういうこと。

不倫されたという事象は同じでも、傷の深さは人それぞれ

でもね

やはり、わたしの元へ来られる方は、深く傷ついてることが多いな。。。

類は友を呼ぶ

深く傷ついていたわたしが、不倫されたことによって、それまでの人生、傷などないと思っていたのに、出てくる出てくる。

ごっそり出てきて、こんな大きなものを持っていたのかと、気づいたら、

潜在意識ってすごいなあと思わざるをえなかった。

だからこそ、目の前の人の言葉から、態度から、その人の傷が透けて見える。

どれだけ自分が自分を知ってるか?

現実的、物質的なところだけをみても、何ら解決しない不倫問題

修復も、再生も、別居も離婚もそう。

行動だけしても、奥にある傷をどこまで癒せてるか?

やはり、傷の回復は大事

そんなわけで、いろんなことを今考え直しています。

ボイスチェックや、音波セラピーという最新鋭機器をもって、傷の癒しをする必要があるなあと。

ここのところ、そういう事象が周りで起こり、わたしのニーズはそこにもあるっていうメッセージがきてるなあ。。

自分のことなのに、自分は知らない。

でも、わかるようになっている。

いつ気づくか?

不倫された傷は、新たな傷でないことの方が多く、すでにもっている傷の痛みも相当一緒に痛んでる。

きのう、おとといのセッションからそれらがでた方もいらっしゃるけど、涙と共に奥深いところでは癒しが起こってますよ^ ^