夫婦再生のヒント

限られた時間の中で

2016/08/12

こんにちは

あおきゆりこです。

あなたは

この人と、もっと話したい。

もっと一緒の時間を持ちたい。

そう思える人って何人くらいいますか?

もし、そう思う人がいるのであれば、そういう時間を持てるようにしませんか?

もっと話したいなあと思う人からは、必ずあなたにとって大切な話を聴くことになるし、

もっと一緒にいたいなあと思う人と、時間を共にすることは、あなたにとって今後の活力になっていくから。

わたしも昨日はそんなふうに思う人と共にする時間が持て、とてもとても充実でした^ ^

人が与えられている時間ほど、不平等なものはないですよね。

有限だけど、終わる日がわからない。

そして、人によってかなりの差がある。

善きことをすると、長くなり、悪しきことをすると短くなる。

なんてことがなく。

もしかしたら、命が終わるときに、残される人たちに大きなメッセージを与える。

ということが、人の役割に含まれるのかもしれない。

その最後のメッセージを作るために、人生という旅路を歩いていくのかな。

そんなふうに思うと、やはり気持ちのいいメッセージを残したいな。

としたら、やりたいこと全部やりきって、後悔なし!

ありがとう!

じゃあ、元気で幸せに生きてね!

なんて、締めくくれたら最高だな。

そのためには、もし、あと数ヶ月で終わりだとしても、そうなれるような今を創る必要があるわけで。

それは、すべて自分の選択次第になっていく。

「今日」という時間こそが何より大切

きのうは、そんなことを改めて深く深く気づかせていただいた。

ありがたい。

時間は限られている。

わかりきっているのに、つい忘れてしまう。

もったいない時間の使い方をしてしまうことも多々あり。

一緒にいて安心できる人

一緒にいて笑える人

一緒にいてやさしくなれる人

一緒にいて楽しめる人

そして

一緒にいて学ぶことができる人

そんな人と出会えたことに感謝しつつ、またの再会を意識しよう。

あなたにも、そういう大切にしたい人がいるでしょう?

限られた時間

パワーを与えてくれる人と、まずは共に過ごそう!