夫の不倫・夫婦再生| 夫婦問題カウンセラー ハートツリー > 再生のヒント > あなたは何を意識して再生しようとしていますか?

夫婦再生のヒント

あなたは何を意識して再生しようとしていますか?

2016/07/31

こんにちは

あおきゆりこです。

わたしの元へ来られる人は 夫婦再生を希望している人

どうしようかと悩んでいます。

という方も多かったですが、悩んでいるのは別れるかどうするか?ってことではなく

どうしたら夫がまた自分のことを愛してくれるようになるか?ってところなんですね。

あんなことした人だから、もう今は好きでもない。

愛することなど二度とできないかもしれない。

一生許せないと思う。

どれもこれも、すっごくわかります。

わたしも当時は思ったから。

でもね、それが本心なら まず 夫婦再生して幸せですよ~~!!!!

って言ってるあおきゆりこのところへ、お金を出してまで来ませんよ?

またこのブログも偶然入り込んだとしても二度と読みに来られることはないです。

どこかで再生したい。

という気持ちがあるから、話を聴きたくなるのです。

そしてもう一つ

夫に言いたいことが言えない。っていう人もすんごく多い。

でもね

それも、本当は言いたくて言いたくてウズウズしてるはず。

なぜなら、本当に言いたくない人も、わざわざあおきゆりこのところへ、お金を出してまで来ませんよ?

言いたいことは言いましょう。

とブログにも書いてますから。わたし。

言いたくなければ、愛され妻のところへ行くでしょう?

言わない方がいいっていってくれるのだから。

そんなふうに、人の潜在意識ってね

ちゃんと、自分に合う人を選ぶようになっているのです。

言いたいことは言って、自分を大事にする中で、夫との関係性を変化させていきたい。

そして以前よりもっと仲良くなりたい。

そんな思いのある方が、ハートツリーに来られるのです。

でもね

それが自分でわからなかったり。

わかっていても、方法がわからなかったり。

方法がわかっていても、行動する勇気がでなかったり。

とまあ、いろんな理由があって実行できないでいる方が多いのです。

そしてその本当の理由っていうのは、人それぞれで、みんなが同じではないのですね。

わたしの役目は、そこに気づいてもらえるようにという位置づけだし

気づいた人が、そこを実行するまで見守っていく役割だと思っています。

最も簡単なことは

与えたものしか受け取れない。

これを徹底することでしょうね。。。

不倫なんてしたのだから、行動をチェックして束縛しなければ
また女のところへ行くかもしれない。

なんて思うことはよくあるでしょう。

そしてがんじがらめに束縛したりする人

束縛というのは、自由と 二つで一つ

表裏一体ですので、あなたが束縛すればするほど、ご主人は自由を望むでしょう。

自由にさせてみよう。

そう思ったら、あなたの胸のあたりはどんな感じになりますか?

その気持ちを軽くしていくことが夫婦再生には必須です。

夫が女と別れて戻って来た。

でも、そこからうまく進まない人が ほ~~~~~んとに多いのです。

もったいないよなあ。。。

戻ってきてほしかった希望が叶っているわけだし

これからずっと夫婦で時間を過ごして行けるのに・・・・

愛を出し惜しみしちゃってるわけですよ。

愛って出しても出してもなくならないからね?

それとも実はもう愛してない、好きでないってことはないですか?

愛せない人と、夫婦でいるほど、もったいない人生はないな。

何かがあったとき、これ夫に話そう! これ妻に話そう!

美味しいものがあったとき、夫に食べさせてあげたい! 妻に食べさせてあげたい!

きれいなものをみたとき、夫にみせてあげたい! 妻にみせてあげたい!

わたしは、そう思えるパートナーがいてくれて 本当にありがたいと思っています。

行ってきます!

と家を出たら、ただいま と帰ってくるまで、どこで何を誰としているかなんて

気にもならない。

そんなこといちいち 言わないし、夫も聞きもしない。

それぞれが

それぞれの人生を生きている。

そして

お互いに

それぞれの人生を応援している。

あんなことがあるまでは、

愛されて結婚する方が幸せだと思っていたけれど

今は違います。

愛する人と共にいられる方が幸せ。

わたしも、急にこんなふうに意識が変わったわけではないのです。

が、徐々に変化は起こっていきました。

ゴール設定をしてからね!

さて、わたしのゴール設定とは?

夫婦再生ができますように・・・

だったと思いますか?

答えはNO!です(^^)

さて、そんな話をする 魅力妻講座

いよいよ来週となりました。

お会いできるみなさま、楽しみにしております!