夫婦再生のヒント

不倫される妻の特徴

2016/07/05

こんにちは

あおきゆりこです。

不倫される妻の特徴

これがすべてではありませんが、すべの人にあるはず。

少なくとも、わたしが今まで出会った数百名の方には全員あてはまると思います。

それは

我慢強い

我慢が得意ともいう。

どうですか?

そして、我慢というのも二種ありまして、

その1

他者への我慢

その2

自分への我慢

あなたはどちら?

両方?

まさか、どちらもないなんてことはないですよね?

そう思うとしたら、もっと自分と向き合うことをまずはお勧めいたします^ ^

1の他者への我慢というのは、誰かのために自分を抑える人

こんなことしたら、どう思われるだろう。

こんなこと言ったら、どうなってしまうのだろう。

と、基本誰かの目があなたの生きる中心になっていて、あなたは脇役の人生を歩いている。

その2の自分への我慢というのは、自分を◯◯にみせたい。

と、等身大の自分では愛されないと思い込み、大きく見せるために、やりたくないことを頑張る。

強がって見せるのもそう。

本当は自分も弱くて、その弱さをさらけ出せれば楽になるのに、それはできず。

それゆえ、他者にも厳しくなる。

他者から評価を得るために、自分に頑張らせてしまう。

そして

本当の自分を出せなくなる。

どうですか?

その1は、比較的わかりやすいですが、その2はわかりにくかったりもしますね。

我慢してやってるわけではない。

と、思い込んでいるので、無意識での我慢が多い。

子どもにお金がかかるから、自分のことは後回し。

このタイプの人は、その2です。

愛する子どものためだから、自分のことなど優先しようとも思わない。

まず、子ども

こういうエゴに自分の本心は隠されてしまっていることに気づかないと、実は我慢してたのねってことすら認めることができません。

なかなか、不倫問題から回復しない人の特徴の一つとして

たとえば、子どもが3人いるとしよう。

自分も好きな食べ物がそこにある。

でも、子どもたちも好きだからと、三等分して分け与える母

あなたの分は?

あなたのエゴは、いいお母さんで満足してるかもしれない。

でも、本当のあなたは

私も食べたかった。

と、思っていますよ?

自分では気づけない我慢

わたしはその2でした。

我慢など縁がないと思ってたけれど、実はたくさん、たくさん、自分に我慢させていた。

そしてそれは、我慢だとも思ってなくて、当たり前なことでした。

また、いいお母さんでいたいとか、他者からの評価を得たいなども思ったことすらなかった。

けれど

実はあったのでしょうね。

その2のタイプの人、多いです。

お金や時間の使い方でわかります。

で、その1やその2から抜けていくと。。

結局、男性から大切にされる。

要は夫に愛されるし、周囲との関係もことごとくうまく回るようになります。

なぜなら

自分を我慢させない人は、愚痴がでません。

ようするに、いい意味で

軽い。

で、

今の状況から脱出するには、自分を我慢させない。

という状況を自分で創る。

という決断が必要。

何かが怖くて、我慢している状態

それをとっぱらう勇気もちませんか?

快適な人生は、自分が自分にプレゼントするもの。

自分にプレゼントもせず、他者からプレゼントされようと思うから、難しくなっていきますね。

ここ、越える人には、奇跡が待ってる!

と、言っても過言ではなさそう。

そんなことを見せてくれる人たちが、たくさん出てきたからね^ ^

わたし自身が、あの頃からすると、今の人生は奇跡です。

まだまだ、自分を我慢させていることがあると思うので、見つけては抜ける!

見つけては抜ける!

その繰り返しですね。

ちなみに、その1の人は

脇役が好きならそのままで。

主役になりたければ、脇役をやめればいい。

脇役って、楽ですけど、主役はしんどい部分もあるし、責任だってでてくる。

だから、脇役が好きって方もいるでしょう。

ならば、自分の選択で脇役を選んだと自覚をもてばいいんです。

夫が主役で、自分は脇役

うーん。

わたしにはない発想だから、それでその人が幸せならそれでいいのでは?

としか言えません。

自分は、その2だなって方は、カモン!笑

奇跡の掴み方

お伝えしています^ ^