夫婦再生のヒント

夫婦関係のベース

2016/05/13

こんにちは

あおきゆりこです。

夫婦をうまくやっていくなら、双方忍耐が必要。

と、よく熟年夫婦がいってるのをテレビなどでみかけることがあります。

忍耐かあ。。。

ずっと、共に生きる人との間で忍耐が必要って、わたしにはありえないこと。

でも、忍耐ではなく、思いやりだったらわかるなあとかって思うのです。

相手の希望、自分的にはちょっと嫌だけど、それを望んでいるなら、自分は少し我慢して叶えてあげようかな。

とか

あるいは、相手に言いたいことがある。

でも、それを言うと、相手がかなり傷つくだろうからやめておこう。

など。

それら、忍耐と思いやりと、どこで線引きになるのか?

自分の心の中のベースがなに?

ってところです。

愛がベースなのか?

恐れがベースなのか?

これをしてあげると、喜ぶからしてあげよう。

これをいうと、傷つけるかもだからやめておこう。

これらは愛ベース

これをしてあげないと、機嫌が悪くなる、怒る。

だからしておこう。

これを言うと、嫌われるかもだからやめておこう。

これらは恐れベース

同じ行動でも、あなたの中でなにがベースなのかで、その後に起こっていく事象は真逆になっていくのです。

そして、恐れベースの方がとても多い。

不倫問題を抱えているのだから、無理もないですか?

いえいえ

おそらく、元々がそういう意識だったのではないのかな?

そもそも、愛ベースであれば、不倫問題が起こってない人も多いかもしれない。

わたしも完全に恐れベースでした。

こうしておかないといけないから。

言ってもどうせわかってもらえないから、言うだけ無駄。

など。。。。

そんなことなかったんだなあって思いますね。

今では、恐れベースで行動することは、ほとんどなくなりました。

ほとんど、と言っているのは、無意識でしていることがまだあるかもだから。

なので、気付いた時には

そこに愛はあるのか?

を、自分に問うています。

ここ、気をつけるだけで、起こる現実も変わっていきます。

少し意識してみてくださいね^ ^