夫婦再生のヒント

自分軸を!という罠

2016/03/20

こんにちは

あおきゆりこです。

自分軸をいれましょう!

と、言われたことありませんか?

悩む人というのは、自分軸がなくて、他者に振り回されるから悩むわけです。

でもね

この自分軸の捉え方っていうのがミソ!

ただ、やみくもに、自分のことを考えて、自分がワクワクすることをしようと思ってもうまくいかないって方はいらっしゃいませんか?

相手軸が太く入っている方は、誰かに何かをしてあげることが喜びなので、そういう自分が自分だ!ということを自分軸にすることで、楽になりますよ。

そのかわり、相手のことがとても気になるし、相手に何かをしてほしくなるし、依存傾向も高くなりがちなので、そういう自分がいるんだなってところを認めちゃえばいい。

そして、自分がワクワクすることをするときは、そうやって自分を喜ばすことが、大切な人のためにもなるんだということ。

そこまで、意識化してみよう!

相手軸の方というのは、相手の目を気にするという反面に、とても細やかな思いやりがあるので、それは大きなプラスですね!

そして、このタイプの人には必ず誰でもいいから、大切に思い合える「相手」が必要

不倫問題が起こって、執着してしまう。

ということが多いのも相手軸

不倫した夫への依存、支配を手放せれば楽になるかと思いますね。

わたし自身も、相手軸は結構太い軸になっているので、しんどかったのだろうなあと思いました。

今も太い相手軸は健在です!

だから、この仕事を長く続けられているわけですから^ ^

自分を中心にする方法だと罪悪感が出て仕方ない。

そんなあなたは相手軸が太いのかもしれませんから、それを軸にした自分軸を考えてみてくださいね!

相手軸だということを自分軸に!