夫婦再生のヒント

不倫問題におけるエネルギーバランス

2016/03/12

こんにちは

あおきゆりこです。

今日は不倫問題におけるエネルギーバランスについて書いていきます。

不倫する人には「する理由」があります。

「理由」というよりも、「言い訳」といった方がピッタリですが。

発覚直後になぜ、あなたは不倫したの?

と、聞いたことのある人も多いかもしれません。

◆ おまえが、○○だから。

と、言われた方

◆ 俺が○○だったから。

と、言われた方

大きく分けると2種類になります。

どうだったかな。

もし、前者だった場合、あなたのせいにした場合ですね。

もしそう言われたのなら、あなたも何かあったとき、人のせいにすることはないですか?

もしかしたら、自分にもいたらないところがあったかも。

ということは、考えず、ただ夫を責めたというようなことはなかったですか?

後者だった場合、自分がこれこれこうだったから。

例えば、魔が差してしまったとか、好きになってしまったとか、あなたのせいにしなかった場合

もし、そうなら、あなたは何かあると必要以上に自分のせいだと自分を責める傾向にないですか?

不倫するのはした側の問題だと思えず、自分がいたらなかったからだと、夫を責めずに自分を責めたというようなことはなかったですか?

あるいは、とてもややこしいですが、真逆の組み合わせもあります。

すべて人のせいにする夫と、すべて自分が悪いと思う妻

すべて自分のせいだとする夫と、すべて人のせいにする妻

あなた方ご夫婦のパターンはどうでしょう?

目に見えるものが、膠着状態となり進まない。

というとき、パターン崩しは必要です。

まずは、目に見えない部分から変化させてみることをお勧めします。

つまり、あなたの意識を変化させること。

不倫したのはあなたが悪い。

そう思うなら、いやいや、わたしにも何か理由があったかもしれない。

と、考えてみる。

不倫されたのはわたしが悪かった。

そう思うなら、いやいや、した側の都合だよね。

と、考えてみる。

エネルギーバランスがとれている状態が、現実的な世界を創ります。

もし、今の状態がよろしくない。

と、思うなら、まずあなたの意識に偏りがないか?

チェックしてみてくださいね!

そんなところのお話をスタディ基礎コース初回でいたします。

エネルギーバランスは、パートナーシップにおいて、とてもとても大切なこと

楽しみにしておいてくださいね!