夫婦再生のヒント

妻への罪悪感

2016/02/23

こんにちは

あおきゆりこです。

よくご相談者の方が

「夫に罪悪感があったなんて、思えない」

と言います。

また、不倫している人も

「別に罪悪感ってない」

っていうのをよく聞きます。

それらって、そう思っているだけで、実際のところ、その人に罪悪感があるかどうかっていうのは、

わからない。

っていうのが事実ではあります。

あくまで、それがベースではありますが、それを言ってしまえばどうしようもない。

で、わたしは、罪悪感というのは、ほっとんどの不倫している人は持っていると思っています。

検索してみると

罪悪感とは
自身の行動・指向・在り様などに関して、罪がある、あるいは悪いことをした、している、と感じる気持ち・感情のことである。

自身の何らかの行いについて、内在する規範意識(正しいと認識されるルール)に反していると感じる所から罪悪感は生まれる。

とあります。

ということは、悪いことをしているとすでに知ってはいるけれど、感じていないがゆえに

「ない」っていうのでしょう。

あるいは、不倫する ということが、元から悪いことだと思っていないという場合もあるかもしれない。

ただ、その場合は、悪いと思ってなければ、堂々とするでしょう?

その行動する出来事が悪いと感じているレベルの違いによって、罪悪感のレベルも変わってくるのではないかと思います。

なので、妻にばれていないと思っている人が遊んでいる際の罪悪感と

妻にばれてしまってから、水面下に潜って遊んでいる際の罪悪感の大きさは明らかに違います。

もっといえば、まじめに暮らしていた人が、不倫というものに手を出したとき、まあいわば、不倫の初め頃に感じる罪悪感と

慣れてしまった頃の罪悪感の大きさも違います。

悪いことを始めてしまったと、脳が察知すると妻の顔を見るだけで不快感が生じたり、それをごまかすかのようにやさしくしたくなったり。

ところが、バレなければ、その状態を普通の状態だと脳が捉えていくわけですから、罪悪感も感じなくなり、今までの状態に戻るということ。

けれど、あくまで感じなくなるだけで、なくなっているわけではありません。

だから、不倫とか以外のことで咎められると、必要以上の反応が返ってくることも多いわけですね。

妻からしたら、ほんとに迷惑な話ですが、それに振り回されなくなるといいのですけどね。

で、罪悪感というのを、いったん顕在意識で感じてしまったら、ものすごく不愉快な思いをするんです。

自分はダメなやつ。。

してはいけないことをしたやつ。

他者を傷つけてしまったやつ。

など、いろんな思いが溢れますね。

到底耐えきれない不快感ですので、脳は自分を助けようと働きますから

逆切れするように命じるんですね。

自分がこんなことをしてしまうのは、あいつが〇〇だからだ。

とまあ、重箱の隅をつつきまくって、自己正当化に走ります。

普段、責任感や正義感が強い人ほど、この傾向にあり。

自分はダメ男だなどと思っている人ほど、罪悪感は少ないかと。

なので、そこであなたが重箱の隅をつつかれたとしても、それを本気にしなければいいのです。

でも、結構痛いところをついてくる(^_^;)

つかれたところ、実は自分でダメだししているけれど、認めたくないところだったり。。。

そうなると、二人の間の空気は最悪になりますよね。

そんな喧嘩が多いかなと思いますが。。。。。。

夫の罪悪感の対処の仕方というか、そのあたりが少しでも理解できてくれば

楽になるし

勝手にほざいてろ!

って思えることも多くなるかと思います(*^_^*)