夫婦再生のヒント

心の奥にフォーカスしよう

2016/02/18

こんにちは

あおきゆりこです。

先日、新幹線に乗ってから、本をもってくるのを忘れたことに気づき、2時間半の大半を、自分の過去ブログを読んでいました^ ^

不倫が発覚する1年ほど前からのブログ。

発覚したときの記事を何年ぶりでしょう。

読み進めていくうちに、

おもしろいなあ。。。

と、しみじみ思ったんです。

かなり辛かったんですよ。

あのときは。

でもね。

今のわたしが、あのときのわたしをサポートするとしたら

早く幻覚からでておいでよ。

そこが好きならずっといてもいいけどね~^ ^

悲劇のヒロインって、ちょっと味わうならそれも楽しいだろうけど、毎日浸かるとしんどいよね~。

と、言うでしょうね。

何一つ、現実をみてないの。

不倫していた。

という事実を知って、そこからの妄想が半端ないのね ^^;

小説が書けるのではないかってくらい、夫の心の中や、相手女の心の中を、自由自在に妄想して、自分をこき下ろし、卑下して、叩きのめしてました。

もう、かなり前のことになるので、人の記憶って変わりますから、

あそこまで、妄想族の住人だったのね。とおもしろくなったんです^ ^

で!

それを味わう必要があったのねってこと。

苦しくて苦しくて、こんな日々がいつまで続くのかと、毎日閉塞感の中で生きることの辛さ。

すべては、あの二人のせいだと思っていたあの頃

よく、夫は耐えたね。

夫から、不倫した人へのアドバイスとして

耐えろ!

とにかく忍耐だ!

嫁が怒るのは無理がないのだから。

ということを常々言っているのですが、

耐えたねー

自業自得だけど、もし妻であるわたしの妄想力が、あそこまで素晴らしくなければ 笑

もっと楽だったかもしれないね。

それくらい、あの当時のわたしは

現実に目を向けて苦しんだのではなくて、自分の妄想に打ちのめされていただけともいえる。

よって、本当の苦しみとは

自分の中にあった傷の疼きだということ。

夫の不倫が過去のものとなっても、苦しいっていう人は、夫の不倫の苦しさというよりは、もっと深いところで何かが疼いている。

その膿をだす勇気ありますか?

夫が継続中だという方も、目の前の夫にフォーカスせず、もっと奥にあるものにフォーカスしたら、現実は変わっていくかもしれませんよ?

まあ、それにしても、あの頃のわたしって。。

素直だ。。

ほーとに、ストレートで子どもみたい 笑

そのうち、アップしますね^ ^