夫婦再生のヒント

辛さから抜けるためにしたこと

2016/02/05

こんにちは

あおきゆりこです。

不倫された辛さから抜けるために、ゆりこさんは何をどうしたのですか?

と、聞かれることが時々あります。

いろんなことをしたのだと思いますが、あまり詳細は覚えてないんです。

ただ、わたしの性格としてそれらに役立った特徴は

●常にクリアでありたい。

●信じる人を選ぶ

の二つが特に大きかったかもしれません。

常にクリアでというのは、心の中にモヤモヤをためておくことができないので、自分をごまかすことができません。

これは、非常に面倒臭い性格でもあるんです。

なんで、自分はモヤモヤしているのか?

その正体をつきとめるまで考える。

夫の不倫でモヤモヤしているわけではなく、モヤモヤの原因は自分の中にある。

なんてことがわかってからは、なおのこと。

自分の中にあるのなら、自分でモヤモヤがとれる!

自分のことを他人に委ねることほど、不安定なことはないわけで、どうにもしてもらえなければ、執着心も増して益々モヤモヤは大きくなる。

できるだけ、小さいうちにモヤモヤを消すことに時間を費やしました。

そこで、二つ目の信じる人を選ぶ

というところが重要

当時は、不倫専門のカウンセラーなんていませんでしたから、っていうか知らなかったので、不倫だけでなく、とにかく日々をわたしの理想のように生きている人を探しました。

ブログなんていうのも、ほとんど個人で書いている人も少なかったので、本に走ってたのでしょう。

いろんな本からピンときたものには、その著者と接触しました。

学ばせてもらったり、相談したり。

その中で、

人となり

が、わたしの中で素晴らしいなと思った人の教えは常に心で反芻して、繰り返しました。

たっくさんいろんな人がいるけれど、自分が心から信頼できる人とか、学びたいと思える人なんて、ほんとに少数

当時のわたしが喉から手が出るほど欲しかった未来は

家族円満、夫婦円満、そして生活も豊かに。でした。

それを実践している人を探しましたね。

結果

当時、すべてを得ていそうな人との出会いは0でした。

家族円満だけど、裕福さはない。

裕福だけど、家族バラバラ

夫婦円満だけど、お子さんはいない。

親子関係は良好だけど夫婦仲今ひとつ

など。

すべてを望むことはぜいたくなのかなとも思っていたのですが、そんなとき

そう思っている人はそうなる。

と言われまして、そこからエネルギーについて徹底的に学びました。

するとどうでしょう。

それらを理解している人たちの中には、すべてを手にしている人もいらっしゃるではありませんか!

こんな世界が実在するのか?

ならば、わたしもその住人になろう。

わたしの理想をすべて持っている人の教えはそのまま継続しました。

たとえば、ワークひとつとっても、習ったときだけ知ったつもりになるのは、よくあることだけど、それを自分の体に染み込ませるには時間がかかるし、ある程度繰り返すことは必須

とことん、やりました。

脳が新しい習慣を覚えるまで。

わたしの中から、モヤモヤが消えてくれるならなんでもしましたね。

信じられる人と出会えたことは、偶然ではなく必然だったというのなら、なんのために、わたしはその人たちと出会ったのか?

わたし個人のモヤモヤを取らせてくれるため、神はそれを与えてくれたとは、到底思えなくて、やはりそこに意志が働いているなら、汲み取るしかない。

ありがたすぎるほどの日常

欲しいものはすべて手にしているけれど、それらもとっても、脆いものだと知っている。

人生って流れだから。

どんな流れが来ても、そこに自分なりの意味をみつけられるよう、今も向上していくつもりだし、止まるところはない。

ということで、自分の中のモヤモヤを放置しない。

信じる人を自ら選び、学び、自分のものにできるまで続ける。

お金は、それらを実行するためのエネルギーでしかない。

使えばなくなると思ってた頃は、どんどんなくなったけど、使ったらまた入る。

と、いうことが腑に落ちたときから、循環するようになった。

すべて、信頼する人からの教え。

お金も愛もやさしさも情報も、すべて自分の前で堰きとめるのではなく、与えていくこと

すると、どこからか、常に流れてくるもの。

不倫問題とは、それらを学ぶために起こったものだということを、情報として流し続ける役目かなと。

もし、わたしを信頼できる人として選んでくださるなら、あなたも自分のモヤモヤは自分でなんとかできるでしょうし、あなたの理想をご自身で掴み取るのでしょうね^ ^

わたしは

心身ともに豊かに笑顔に包まれて暮らしたい

そのために、何を与え続けるのか?

何を循環させ続けるのか?

そんなふうに今も思っています

今、辛い最中の方には、興味のない話かもしれない。

でも、わたしのブログは必ずいつかあなたの回復が進んだとき、ふと思い出すときがあると思います。

必ず通る道の中で、役立てるであろうことを先取りして発信していますので、読んでおくだけでも、潜在意識に残りますよ!