夫婦再生のヒント

自分に都合よく考えてみよう

2016/02/01

こんにちは

あおきゆりこです。

もう2月ですね!

1月は行く

2月は逃げる

3月は去る

と、この3ヶ月はあっという間だと、よく親が言ってたのですが、毎年この時期になると、同じことを言ってる自分がいます^ ^

逃げる2月もジックリ味わいつつ生きていこう。

不倫にはギフトが詰まっている。

というのは、もう聞き飽きたかもしれません。

もう少し深いことをいうと、詰まっているのではなく、すでに組み込んでいるということ。

そして、それを組み込んだのは自分

人生っていくつかのステージがあります。

結構な時間を生きてきて、自分の体験や他者の人生からみて今思うのは

そのステージごと、どれだけやりきったのか?

によって、次のステージが決まるということ。

やりきった。

というのは、頑張ったということでもあるのだけれど、

この頑張るというのは、自分の志に向けていかに自分のために頑張れたのか?

ということが大きいのかなと。

やらなければいけない。

というのを頑張っても、それは少し方向が違うよということで、さらなるステージはハードルが高くなったり。

何かしら背負っているものを下ろし、本当に自分がクリアしたいもののために頑張りきったとき、ギフトがしっかり目に見えるのかなと思います。

30代半ばくらいまでは、いろんなものをプラスしていくのはいいかなと思いますが、40代以降になったら、いらないものは捨てていく。

どんどん身を軽くしていった方が生きやすいと思いますね。

この考え方は、もう随分若い頃から持っていて、40代になったら自分の好きなことをするぞ!

と、思っていました。

が、まさかそのきっかけとなったのが、夫の不倫だったとは!!!

でも、おかげさまで、まだまだ体力、気力のあるときに、踏ん張ることができて、ほんと断捨離ができたなと。

いろんな方のお話を聞くにつけ、この方はこれを手放すために不倫が起こってるんだなとか、すぐにわかります^ ^

なので、提案しますが、

ええーー。

そこですか?

という声も少なくありません。

今と違うステージで生きたい。

と、心から思うなら、今までと同じ考え方を変えていかないとね!

配偶者の不倫というのは、現実的に言うと

まさか!

のことが多いですが

潜在意識的にいうと、想定内のこと。

それを起こして次のステージへ行こうと自分が創り上げたもの。

そんなふうな考え方を一度してみてください。

そしたら、それを乗り越えた先になにがあるのか?

あなたが本当に望んできたものはなにか?

それこそが、近々手に入れることになるギフトです。

考え方って、どんなに奇想天外であってもいいんです。

自分にはない発想なら、なおのこと。

やってみるといいですよ。

ちなみに、わたしはそのあたり、かなり素直ですので^ ^

どんどん取り入れてきて今があります。

まあ、発覚したその日から

どうなるために、これが起こったんだ?

何の意味があるのか?

どう乗り越えて、どこに行こうとしてるんだ、わたし?

この人とずっと一緒にと思ってたけど、違ったのか?

もっといい人と出会うことになってるのか?

と、考えてましたから、わたしにはそういう考え方は普通のことでもありました。

とにかく、起こった意味を探しました。

もちろん、その意味とは自分にとって都合のいい意味です。

結果的に不都合なことは起こらない。という思い込みは昔からあるので。

でも、それを信じない人が多いことを知ったときにはビックリしましたし、それではあまりに辛すぎるだろうと。

今、かなり辛い方は、ぜひそういう考え方をしてみてください。

あなたの人生は、あなたにとって不都合なことにはならないように、あなた自身がすでに創っています。

あなたが本当に体験したい素晴らしいことのために、あなたは自分の何かを変えようとしている。

その一番近道に不倫問題を落としていたということ。

だから、必ず乗り越えることができるし、その先にはあなたが欲しい未来も待っている。

自分に課している制限はなんだろうね?

一人で立つためにはなにが必要なんだろうね?

この苦いステージをクリアするための時間はどれくらいの予定にしているのだろう?

わたしは、5年 と、決めて臨みました。

5年も??と、落胆した人がいるとしたら、たった5年だと思い直してみて。

長い人生の中で、たった5年だけ自分と向き合う時間を作り出すだけです。

過ぎたときには、心からの笑顔の自分と出会えることでしょう。

わたしの役目は、その道中

少しでも辛い道をショートカットすることを伝えること。

頑張るのがきらいなので、どうすれば楽に目的地へいけるか?

と考えるのは得意です^ ^