夫婦再生のヒント

変わるということ

2015/12/30

こんにちは

あおきゆりこです。

きのう、おとといと、急きょ大阪に行っておりました。

夜遅くの帰宅となりましたので、今日はゆっくり寝たいところではありますが、、、

掃除!掃除!

買い物!買い物!

正月準備!

お飾り類は、本日ですものね^ ^

昨日もたくさんメールをいただき、新幹線の中で読ませていただきました。

ありがとうございます!

こちらこそ、感謝の気持ちをこめて来年もさらに笑顔が増えますこと祈らせていただきました^ ^

メールを拝読しながらよく思うことがあります。

「変わる」

ということにおいてです。

わたしはよくブログに、自分が変わることで現実が変わる。

と書いたりしますし、講座ではさらに詳しくその話をしております。

でも、やはりそれは、文字として出すとき、わたしの想いとは違う伝わり方をしてしまうのかなと。

変わることが

「良きこと」

というわけではないんです。

変わることが、あなたの将来の

「意図」

ではないはずなんです。

また

夫婦円満

が良きことであるとか、意図ではないということ。

もちろん、夫婦円満であれば良いか悪いでいうと、良いですよね?

でも、それを目指すのではないよってことです。

今、あなたが夫婦円満であろうとなかろうと、幸せな気持ちで年越しできるなら、とても良きことだと、わたしは思っていまして、

そうでないとしたら、1年後のあなたはそうありたくないですか?

ということで、それが

変わる

ということ。

意図は夫婦円満ではなくて、

◯◯な気持ちでいる

ということ。

その結果として、夫婦が円満に変わっている。

ということもあれば、そうではないときもあります。

どちらであっても、意図設定とした

◯◯な気持ちが叶っていればいいわけで、

それには、何かが

変わっている

はずなんですね。

変わることは、目的ではなく

どうありたいか?のところへ行くためのプロセスにすぎません。

昨年のわたしと、今年のわたしは変化していると思います。

でも、昨年の今頃、来年はこう変わっていたい。

ということを意図としたわけではありません。

来年はさらに◯◯な気持ち、あるいは

来年も今年と同じく◯◯な気持ちで過ごしたい。

と、その気持ちであれている情景などをイメージし、五感で味わい尽くすだけです。

もし、その情景であるために、変わることが必要なら、変わろう!

と思わなくても、結果として何かが変わるし、また変わるために誰かと出会えたり、何かとの出会いが起こってくるんですね。

それは、自分がしゃかりきになって探さなくても、自分の直感を信じさえすればいいだけ。

変わることが目的ではないです。

少しでも、去年より今が幸せだと思えるようになれれば、そのうちいつのまにか、

夫の不倫を知る前より、幸せだと思えることになります。

もうね、そうなってるんです。

いいかげん、それを信じてみてほしい!!

今苦しくとも、辛くとも

いつか、そうなるんです。

あなたが、変わらなきゃではなく、変わるんです。

自動的に!

そして、変わったから良かったでもなければ、変われてないからダメでもないということ。

去年の今頃、まだ夫の不倫がなかったのであれば、

今年のあなたはどん底でしょう?

今年がさらなる幸せへ向けてのスタートラインですから。

なので、ぜひ来年の今頃

来年の大晦日は、今年よりハッピーであるはずだと信じてください。

変わることが良きこと、目的ではなく、

それはプロセスにすぎない。

そんなふうに思ってほしいなと。

そして、去年はしんどかった。

でも、今年は去年より楽

そんな時間を今過ごせているのなら

順調ってことだし、変わっているということ。

それは、あなたがあなたの望む◯◯のために、なんらかの行動を起こしたはずで、

その行動を起こしたということが、

変わった

こと。

変われた自分というより、今◯◯を味わえていることにフォーカスしてみると、より幸福感は大きくなりますよ!

文字にするって、難しいですよね!

では。今年もあと二日!!

いろんな想いがあるでしょうが、なるべくこの二日だけでも、気分をあげてみてね!