夫婦再生のヒント

占い師や霊能者の言葉をどう捉える?

2015/09/28

こんにちは

あおきゆりこです。

カウンセリングをする中で、時々こんな話を伺います。

それは、占い師にこういわれた。

霊能者にこういわれた。

それが、心から離れない。。と。

私自身、運命学鑑定をしていた時期もあるし、ばあちゃんは霊能者だったので、その手のことにも詳しいし。。

なので、否定する気はまったくないし、参考にしてもいいと思っています。

でも!

しょせん、占いだし、自分には聞こえない声だし。。。

っていうくらい軽い捉え方をした方が楽かなと。

でね。

気をつけて欲しいのは、○○をしないと××になる。

なんていう人。

で、××にならないために、これを買った方がいい。。

なんて言われたら、丁重にお断りしてもいいと思うなあ。

少なくともわたしがやっていた運命学では、××にならないために。

っていうものはなかったし、それどころか自分の運命の流れに沿って動くことでいいことが、たくさんあった。

そして、ばあちゃんは、何十年も前だけど、口コミでたくさんの人が遠くからきていたけれど、金品の請求さえしてなかった。

農家だったから、そういうの必要なかったし。

なので、占い師も霊能者も、人によるし、相性もあるのかなと。

いずれにせよ、いいとこだけ信じればいいんじゃないかな。

自分の現実は自分で今この瞬間から創っていけるわけだから、もともと持っていたかもしれない、いやな運命なんて気にすることないのでは?

あなたの未来は明るい未来に決まってる!

なぜなら、私のこのブログをみつけたから!

なんて、お気楽なことを信じる方が楽しくてよくないですか?^ ^

私も渦中ではのたうちまわるほどの苦しみを何度も味わいました。

でも、今は至福の中で暮らしてます。

ほんとに、こんなふうな未来があるなんてあの頃は思いもしなかった。

だからあなたもそうなるよん!

自分の果てしない力を信じてね!