夫婦再生のヒント

コミュケーションの大事さ

2015/05/30

こんにちは

あおきゆりこです。

きのうのコメント欄にあなたのイメージを載せていただきまして、興味深く読ませていただきました。

いろんな答えがありましたね!

家の掃除

旅行

すべてが同じイメージの人は当然ながらいないわけです。

イメージを書いてください。

という言葉から、浮かんだイメージを単語だけで載せた人

そこからの思いも載せた人

というところも個々で違いがありましたね^ ^

人は話す時というのは、自分のイメージをベースに話しますから、このイメージがそもそも違うと、話はずれます。

でも、ずれていることすら気づけないってことがよくありますね。

たとえば、あなたがご主人に、犬を飼いたいなあと話すとしましょう。

あなたのイメージでの犬とはかわいい小型犬

従順で賢くてかわいい犬と一緒に暮らすイメージ

ところが、ご主人は犬とは大型犬で、外で飼うもの。

えさはたくさん食べるし、日々の散歩も大変だろう。

鳴いたら近所から苦情がくるかも。

というイメージがあったら?

あなたがご主人に、次の休みは二人で家の掃除をしましょう!と言うとします。

あなたのイメージでは、断捨離

ところがご主人のイメージでは、掃除機をかける程度の掃除

あなたが、夏季休暇に旅行に行きたいとご主人に話すとしましょう。

あなたのイメージでは、今年は海外へ行って、買い物、エステ三昧をしたい!

ご主人は、近くの温泉でのんびりと美味しいものでも食べよう。

こんな二人が、お互い我慢することなく行動するためには、コミュケーションがいるのは明確です。

単語だけ並べたら、それぞれイメージが違うので、そこに詳細な言葉付けがいりますよね。

当然ながら、自分のイメージすることと、相手のイメージすることはまったく違う。

という前提をもっているかいないかで、コミュケーションの質は変わります。

また、いつも相手にどう思われるだろう。。

そんなことを気にしながらのコミュケーションでは、自分の気持ちを伝えられなくなるし、相手にうまく丸め込まれたりします。

あなたの持つイメージをあなたの思う通り相手に伝えるには?

そういったコミュケーションスキルも大事ですね^ ^