夫婦再生のヒント

想いを伝えるのが怖い・・・

2015/03/11

こんにちは

あおきゆりこです。

自分の気持ちを他者に伝えるのが怖いっていう方いらっしゃいます。

何が怖いの?

って質問すると、

相手が嫌な顔をするかもしれない。

怒るかもしれない。

そして、嫌われるかもしれない。

捨てられるかもしれない。

一人ぼっちになるかもしれない。

というような答えが返ってきます。

そういう方々に共通しているのは、そういうことが子供の頃にあったってこと。

どんなことがあったかなんて、記憶の彼方であっても、その時潜在意識に入った価値観はずっと人生をコントロールしていくのね。

だって、小さいときなんて経験がないから、理解力もない。

相手がなぜそういう態度をとったかなんてわかるわけもなく、ただ自分の想いを伝えたことにバツをつける。

思ったことを言ったら愛されないから、大変なことになる。

そして、思うことを言わないようになって、相手から嫌な顔をされず、怒られることもなく、嫌われることもなく、捨てられることもなく、一人ぼっちにならずに、無難な人生を歩いてこれた。

というプラスを得たわけ。

はたして、そうなの?

だったら、今は?

その方法でうまく思う通りの人生を得ているならそのまま継続すればいい。

でも、行き詰まってるんだったら、もうその方法からプラスは得られないってこと。

あなたの得たいものが変わってきたのではないのかな?

自分といて、嫌な顔をされないだけでなく、楽しそうであってほしい。

怒られないだけではなくて、理解してほしい。

嫌わないだけでなくて、愛して欲しい。

一人ぼっちになりたくないだけでなくて、一緒にいたい。

であれば、一緒にいて心地よくて、理解し合える関係性を築き直せばいいじゃない?

としたら、心を開くこと。

言いたいことを我慢しなければ生きていけない子どもではないんだから、あなたという人そのものを大切にしてくれる人とともに歩いて欲しいと思います。

そして、いっろんな妄想が得意なことを活かして、どんな言葉を使おうかな?

伝えたあと、言ってよかったと思っているところを妄想してみてね!

妄想するって悪いことばかりではなく、役に立つこともあるから^ ^

あなたが心から安心できる場で、好きな人と穏やかな時間を過ごせますように。