夫婦再生のヒント

夫の不倫のその先に

2015/03/29

こんにちは

あおきゆりこです。

生きていると、いいことばかりではなくて、負の感情を感じることもあります。

愛する人との死別というのは、ものすごく悲しい。

私の場合「悲しみ」という感情においては

やはり親との別れのときが最も悲しかった。

では、「苦しい」という感情

親は病死だったので、悲しかったけれど、死別で苦しいという感情はなかったです。

それより、余命宣告後が苦しかったな。。。

なので、生きてきた中で最も苦しかった時期は不倫発覚後の一年ほどの間でした。

「苦しい」という感情の理由をほとんどの方は、夫が不倫したから。

と思っていますが、少し省略しているかなと。

夫が不倫した→それゆえに、自分の思う通りにならない→葛藤→苦しみ

なので、夫を自分の思う通りにしたい人ほど苦しみは深くなります。

そして、苦しいのあとに、悲しみがきたり。

パートナーの不倫問題がなくても、何かしら苦しみを抱えますが、それも同じ

思う通りにならないことで、自分の内部に葛藤がおこり、苦しい。

ただね、不倫問題というのは、一番信頼した人の「裏切り」という事象ですから、根が深くなってしまう。

お互いのもっていた「問題点」がすべて浮かび上がるのね。

そして、家庭内でのことだから、一番安心安全の場がなくなる。

という点においても不安感が大きくなるし、

特に子どもがいる人の場合、母親である自分も保たなければいけない。という葛藤がプラスされる。

おまけに、その原因の大元を作った夫は、過ぎたことだと涼しい顔をして笑いながら暮らしていたりしたら、怒りすらわいてくる。

そんな中で

相手を責める人

自分を責める人

ほんとに苦しいという状況。。。

いつまで続くのか?という焦り。。

でもね、外れていくんです。

苦しいという想いは。。。

そのためにはまずこれだけは無条件に信じてほしいことがあります

苦しみの深さだけ、喜びが待っている。

それだけ。

あなたが、苦しんだ分

それと同じ大きさの喜びは、すでにあなたの前で待っているんです。

そこへたどり着くための、今道途中だということ。

だから、後ろを振り向かなくても大丈夫。

振り向くエネルギーを、前に進むエネルギーに使えば、そこへたどり着くのも速くなる。

もう苦しみたくない。

幸せに生きたい!

その想いで参加されるグループスタディ4期がきのう開講でした。

みなさんの真剣な思いがバシバシに伝わってきましたよ^ ^

夫の不倫

といっても、環境はお一人ずつ違うし、どういう葛藤が自分を苦しめているのか?の部分も違うかもしれない。

でも、そんな苦しみから抜ける方法は同じなの。

自分の心を大切にすることです。

そのためには自分の本心と濃いおつきあいをすることになります。

4ヶ月後のメンバーたちの変化が楽しみです^ ^