夫婦再生のヒント

欲しいものは欲しいと言おう!

2015/02/14

こんにちは

あおきゆりこです。

サポートをしていてとってもよく感じることのひとつに

欲しいものを欲しいと言えない人

というのがとっても多いです。

欲しいものを欲しいっていうと、わがままではないの?

という躊躇があったり、

欲しいといっていやだと拒否されるのが怖いというのであったり。

まあ、理由はいろいろあるのですが・・・・

まず、欲しいものを欲しいというのは、我儘でも自己中でもなんでもないですよ。

欲しいものを欲しいと声をあげたあと、何が何でも手に入れようとする。

そこに手段を選ばないとか、周囲の気持ちも考えないとか、そういう行動を伴うことが
我儘であり、自己中だということ。

次、欲しいといって拒否されたら怖いという場合

では、自分が欲しいもの我慢してでもその人の近くにいる意味はなんですか?

そうやって我慢させられる「自分」ってすごく可哀そうではないですか?

自分って誰のために生きているの?

他人のために生きているのではないですよね?

**

欲しいものは、自分から欲しい!と声を上げない限り、手に入りません。

声にあげることもせず、ただただ、気づいてよ。。。と誰かに頼っているってことないですか?

気づいてくれない。

わかってくれない。

やっぱり愛されていない。

ってなっていませんか?

わかりませんよ~~~~~~~

欲しいものがあるのなら、欲しい!って声をあげていきましょうよ!!!!!

でも、その場ですぐ手に入るかどうかはわかりませんよ(*^_^*)

気づいてくれなかったらどうしよう。。。とか。

きっとこうなのかもしれない。。。。とか。

考えてもわからないところに思考を使うのではなく、どうやったら気持ちよく(自分も周りも)

手に入れられるだろう?ってことを考えてみてほしいなあと思います。

勇気を出して声を上げたけれど、拒否された。

としたら、どうして拒否するのか理由を教えてもらえばいいですね。

その人なりの理由があるはずですから、自分で勝手に悪い方向へ向けない方がいいです。

納得のいかない理由で断られた。

としたら、そういう人と一緒にいる意味ってなんだろう?

ってふうに考えていくのもありですよ(*^_^*)

自分のために生きるって結局はこういうことなんだと思います。

欲しいものは欲しい!と声をあげて掴みに行くということ。

皆さんの欲しいものってなんですか?

声をあげていますか?

(2012年6月著)

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

欲しいものを欲しいと言わないなんて、どうして????

人生の本質、 人生のからくり

そういうものが理解できると、欲しい、欲しくない!

ものすごくはっきりできますよ(*^_^*)

そして、そうしてはっきり言う人の方が信頼が厚くなる。

相手を詮索しなくて済むので。

そうなのかなあ。。。って思うあなた!

ぜひ、期間限定でいいから、欲しいものは欲しい!って声をあげてみてくださいね!

何かが変わることに気付くと思いますよ(*^_^*)