夫婦再生のヒント

不倫に対する見解4

2013/07/21

不倫問題第3の幕開けは、やっと夫が不倫相手への気持ちにケリをつけ、妻と向き合おうと思った時

ここからが二人の再生の道に入るわけですが、

これがまた大変

加害者と被害者が同居

うまくいくはずがなくて当たり前だという環境ですよ。

早く自分の罪を忘れたい加害者と、忘れられない被害者

一緒に同じ希望に向けて歩いているはずだけれど、それぞれが違う道を歩いているんだ

という感覚がなかなかもてなくて苦しむ人が多いですね…

お互いを思いやり合いながら、助け合いながら、なるべく傷つけないように考えあい

自分の壁を自分で越える。

励まし合い、癒しあい。同じ目的に向かって歩いていくと、必ず同じところにたどり着きます。

が、これがまた困難

不倫相手と別れない夫をお持ちで悩んでいる人にとっては、第3幕で悩むなんて

なんとぜいたくな!と思うかもしれません。

が、それはそれで厳しかったりするのですね・・・

ただ、

この第3幕は、すごく順調に進んでいく夫婦もいらっしゃいますよ・

どういう夫婦か?

しっかり目の前の現実と向き合うご夫婦です。

二人ともが、現実的思考力が高いと言う場合は、結構ここすんなり進めます。

目的を達するためには、何が必要で何が不要かが、二人で理解できているわけですから

目的を達するという意志を強く持つことができるのでしょうね。

まあ、すんなりといっても、月単位というわけにはいきませんが・・・・

第3幕も終盤になってきたら、ここでやっと夫婦にとって必要なことはなにか?

を学びなおすと、心にピタっと入ってくるかと思いますね・・・

一番初めに書いた、夫婦仲をよくするコツみたいなものを学べば、絆がどんどん深くなるかと思います。

つづきます