夫婦再生のヒント

あなたの芯ってなんですか?

2013/06/24

私は、夫に不倫されるまでは、自分のことより子供のこと。

やはり家族のために生きていました。

それは私の両親がそうだったので、そうすることは当然のことだと思っていました。

ずー~~っと家族のために働き続けた挙句、娘の私を嫁に出した後は、ホッとしたのか体調が悪くなっていき、ほとんど自由に遊ぶこともなくあの世に旅立った両親

孫を抱かせてあげられたことがせめてもの、親孝行になったわけです。

そういう両親だったので、私もそういう人生が当たり前だと思い込み、なんら不満を抱くこともなく
我慢しているという実感もないまま20年過ごしてきたわけです。

それが不倫されたときから、変わっていったのです。

私の結婚生活ってなんだったのか?

我慢しているつもりなどまったくなかったのに、それでもよくよく考えてみれば山ほどの我慢の中での生活でした。

本当は、夫と一緒に子供を育てたかった。

日々の些細な出来事も夫に語り、いつも会話を楽しめる夫婦でありたかった。

休みの日は、家族で遊びにでかけたかった。

子供にはパパっこになってほしかった。

何一つ叶っていない20年・・・

仕事、仕事、仕事!!!!!の夫

それでも家族のために働いてくれているのだと思って、それだけでもありがたいと思おう。

と我慢に我慢を重ねてきたから、我慢しているとも思わなくなるほど、感性が鈍り切っていたのです。

いろいろな学びを受ける中で、その20年をしみじみ振り返ってみると、

本当に窮屈に生きてきた自分を見つけてしまいました。

けれど、後悔とかっていうのはないです。

それは、その時その時、自分がそうしようと自らの選択で歩いてきた道だったので。

夫に強制されていやいや歩いてきた道ではなかったから、後悔やらそのことで夫を責めたい。
というような気持ちにはまったくなりませんでした。

夫婦関係が、自分の描いていた理想とはかなりかけ離れてしまっていたんだとつくづく感じましたが、それも、そうなるべくしてなったことだったというのも理解できましたし。

不倫ということがきっかけではありましたが、これがあったから私は生まれ変わることができたんだ。

とつくづく思えます。

もし不倫ということがなければ、今も私はあのまんまの私

我慢を我慢だと感じることもなく、窮屈な中で家族のために、、、とだけ考えて生きていたのだろうと思うと背筋が凍りそうです。

そしてまたそのような私のままであれば、子供たちにかなりの弊害もでていただろうと思います。

今の私は、子供には子供の人生がそれぞれあり、どういう道を歩くも己の責任において自由に選択すればいいと思っています。

まだまだ半人前以下なので、今後あちこちで頭を打ったり、心に傷がついたりという出来事にも遭遇しながら、成長していけばいいと思っています。

なので、職業、結婚、住居

なにをどう選ぶのも子供たちの自由

私は相談には乗るし、できる協力は惜しみませんが、なんら口を出すつもりはまったくありません。

が、不倫前の私はこうではなかったですよ(笑)

学校選びはもちろん、結婚だって、あんな女の子が彼女になったらいやだとか、あんな男を連れて来たらどうしようとか、
家から車で30分以内のところで住んでほしいとか。

まあ、子供たちを自分の都合のいいように支配しようとする母でしたから。

本当に、気づけてよかったと心から思える今

私はさらに精神的自由が欲しくなったのです。

夫は私を束縛するような男ではありません。

ここがよくて結婚相手として選んだくらいですから、まあこれはいい選択だったと(笑)

なので、何をするにも自由にどうぞ!っていうタイプ

細かいことはいっさい言いません。

3人の子供をしっかり成人させた後は、本当に自由な生活が待っていると思うと
3番目が成人するのを指折り数えてしまいます(笑)

そんな私でしたので、当然お金の使い方も、自分は一番後回し。

子供が優先で、家族が優先

自分のために使うお金なんて本当に必要なものだけで、しかも使うことに罪悪感すら持っていました。

それは、社会復帰して自分が稼ぎ出してからも同じでしたね。

洋服一つ買うにも、必要かな。なんて考えながら吟味して、旅行?もったいない。。

いったい何を楽しみにしてたのかというと、子供の成長のみが楽しみでした。

重い母親になるところでした・・・・・

子供の成長が楽しみだというのは、もちろんどの親もそうなのでしょうが、
それが一番という人生は味気ないです。

自分の好きなもの。自分がしたいこと、生きがいというものをしっかりもって、

そして、子供が成長していく過程も楽しみに思う。

というのが、理想だとつくづく思います。

で、考えると、私の生きがいってなんだ?????

私は何をしているのが楽しいのか?

これからの人生何をしたいのか?

今の仕事は、自分にとって天職に巡り合えたというふうに思っています。

ありがたいことです。

本当にやりがいを感じ、それが仕事にできるようになるなんて、不倫前の私には考えることもなかったですから・・・

けれど、やはり仕事だけでは人生が陰ってしまいます。

プライベートも充実させていきたいと思いますので、来年は さらに自分探しを真剣にしたいと思っています。

夫という人と、どちらかの命がなくなるまで、一緒に共に歩こう。

と思えるようになった今

心はかなり夫から放れています。

夫には夫の人生があり、私には私の人生がある。

その中で、家族として共に生きていきたいと。

助け合って暮らしていけたら、笑い合って暮らせたら、こんな幸せなことはないと思います。

もともと、依存傾向がまったくない私ですらあれほどの依存をしてしまったわけです。

本当に不倫されることって人を狂わせますね・・・

今の私は、そういう自分だったことも含めて 味わえてよかったな。

いい人生経験ができたと思えますが。

だからこそ、これからの自分の人生を大切にしたいと思っています。

私が心から大切だと思える人に、大切にされる自分であり続けることも大切なこと。

そのために、さらに成長を目指したいです。

何歳になっても学べます。

変われます。

けれど、それは自分を心から大切だと思い、そして自分に投資してあげないと
変われないものでもありますね。

本当の自分って実は一番自分がわかっていないですから。

誰かに手伝ってもらって、やっと気づけたり。

痛いことを言われてむかつく自分であれば、未熟な証拠

かなり「いい年」になってしまった私ですが、さらに成熟していくことを目指します。

そしてそれこそが、私に投資してくださる方々への恩返しだと思いますし、

私と一緒に自分を成長させたい!

と思う方と共に歩いていけたらと思っています。

ゆりこさんって強い人ですね。

ってよく言われます。

はい、私は強いか弱いかというと強い部類に入るだろうと、これはもう子供の頃から思っています。

ずっと自分の中に芯がありますから。

けれど、その芯はまだまだ細いんですよ・・・

太そうに見えるかもしれませんが、細いんです。

不倫されたとき、よくまあ折れなかったと思いますが・・・・

まあ、それがあって以前よりは太くなりましたが、それでもまだ細いです。

もっと太い芯にしていきたいとも思っています。

今日、これを読まれた皆様

自分の芯とはどんなですか?

っていうか、自分に芯はありますか?

もし、あらら・・ないかも。。。ぶれぶれ・・

って思うのなら 気づいたときが変わりどきです。

自分に芯が入れば、心は強くなっていきます。

夫が不倫したということがあったとしても、それは過去のことだと思えるようにもなっていきます。

大切なのは、今と今後だという現実に目を向けられますよ。

ぜひ、自分を大切にするというのがどういうことなのかを学んでください。

そして自分で自分を愛してほしいです。

今後の目標として

何よりも自分を優先し、自分を愛し、大切にする!

というのを掲げるといいかなと思いますよ(*^_^*)