夫婦再生のヒント

夫婦再生に大切なこと

2013/04/16

こんにちは あおきゆりこです

数百組の不倫発覚後のご夫婦をサポートしてきて思うこと。

夫婦を再生した人と、できにくい人の違いはなにか?

もちろん、夫の特徴の違いだというのは、かなり大きな部分です。

まず、男脳を持つ夫か?
女脳に近い脳を持つ夫か?

これによっても違うでしょう。

女脳に近い脳を持つ男性であれば、「共感力」が高いです。

なので、妻の傷ついた心を汲もうとすることができるようです。

が、残念ながら圧倒的に多い男脳を持つ夫であれば、

察してよ!!わかってよ!!!って思っても無駄なこと・・・

そして、この無駄なことというのを、きちんと理解できる妻かどうか?にも違ってきます。

そっか。脳のしくみでもあるのなら、察してもらうのは難しいな。

きちんと言葉にして伝えよう。

ということで、言葉にしての伝え方を知っている妻かどうか?

これによっても違ってきます。

あまり、共感力にたけていない夫を持っているということを推定して話せば、
自分の気持ち、それも上っ面な部分ではなく、自分自身の本音をきちんと
夫へ伝えるスキルがある妻の場合は、比較的早くに再生しているように感じます。

これは、どういうことかというと、自分自身と今までもずっと向き合うという生き方をしてきた妻。

自分に焦点をあて、自分を大切にして生きてきた人は、不倫問題という厄介な問題が起こっても
そのやり方に変化はありません。

あくまで、自分の気持ちに焦点を当て、自分の本心を話すことで、なんとか解決していく道を探そうとするから。

なぜ、こういう人はうまくいきやすいのか?

それは、自分を大切にすることが「普通」として身についているから、夫も夫自身を大切にするということを理解できるからです。

不倫発覚直後は、どんな女性もおそらく混乱してしまうでしょう。

が、わりと早くに混乱から抜け出すのも、自分を大切にする妻です。

逆に、自分と向き合うことが苦手で、いつも他人の顔色をみて生きてきた人は、
不倫問題が起こるとかなり大きなダメージを受けます。

どうしていいのか?
自分はどうしたいのか?がまずわからないから。

自分に焦点をあてるより、夫にばかり焦点をあてるから、責めまくってしまう。

不倫した人を責めるなというのは、無理があるでしょうね。

けれど、やはり、自分はどうしたいのか?という答えをしっかり持ったうえでないと
うまくいかなくなってしまいます。

ここが、非常に大切なこと。

一歩間違えば、幸福感を味わえない道を歩み続けることになります。

どこで気づく?

気づいた時点で道を変えられる柔軟な人は、まだいいです。

気づいても突っ走る人は、いつまでたっても、辛い地獄をさまようことになってしまうのです。

不倫された妻はみな思うでしょう。

どうして私が????

それは、あなたがこれからの人生、楽に生きるために起こったんだということ。

きっと、今までのあなたではない本当のあなたに戻るための試練が起こったということ。

不倫していたころの夫しか目に入らない自分では、いつまでも苦しいでしょう?

そうではなく、これから自分と一緒に生きたいという夫をみてあげればどうでしょうね?

過去を流せないというのは、妻の特徴

その特徴、あなたの幸せにとって、必要なのでしょうか?。

私は思います。

過去は、今へとつながっているから大切なものであるに違いありません。

けれど、過去より、もっと大切なのは、今であり、今よりもっと幸せになれる未来です。

だから、そこに照準を当てて歩きたいです。

そのために、必要なものと不必要なものをしっかりわけて、いらないものは捨てていくということ。

なんでもかんでもためていては、心は重くなるばかり。

わかっていても捨てられない!

そういう人は、自分の苦しみを夫のせいにするのではなく、自分自身を見つめることだと思います。

いらないものは捨てちゃえば楽!

軽い心で今をみてみましょう。

目の前の夫をじっくりみてみましょう(*^_^*)

目の前の夫が、今でも問題だらけなのであれば、さて、どうすることが自分を幸せにする?

という思考で進んでほしい。

問題だらけの夫をつついてつついてつつきまくる!

という人生でいいのですか?

ってことです。

さっさと、引き上げて、別の道を考えてみるというのも大切なこと。

別の道というのは、= 離婚

とは限りません。

離婚しなくても楽に生きる道って探せば見つかることもあります。

どの道を行くことが、自分にとって一番幸せを感じられるのか?

何事もそこを基本に考えてみると、光が差し込むはずです。

自分を大切にする柔軟な心

これが、夫婦再生において大切なものですね(*^_^*)