夫婦再生のヒント

夫婦再生に必要なものは何か?2

2013/03/29

再生しようと二人の意思があって、再構築の道を歩き出したとしましょう。

が、相手をコントロールしようとする二人であれば、こういうことが起こります。

一本の綱をあっちとこっちで引き合う。

つまりは、綱引きをするということ。

ガッツリと綱を握り、相手を自分の思うとおりにしようという意識で、こっちへこい、
こっちへこい!!!!

あなたが不倫なんて最悪のことをして、私を傷つけたのよ。

あなたが誠意をみせるべきでしょう?

どうして、また怪しいと思わせるような行動をするわけ?

もっと、私に愛情をみせてくれてもいいじゃない!!!!

まったく、もう別れたっていうのに、いつまでゴチャゴチャいうんだよ。

過ぎたことなんて、何をいっても変わらないって。

そんなことにこだわらず、これからを楽しめばいいじゃないか!!!

しつこいよな。

なんて、夫も妻も、自分なりの夫婦再生というイメージがあるから、それに相手をあてはめようと躍起になるわけです。

だから、全力で相手を自分に引き寄せようとして、くったくたになる・・・・

私は思います。

そんなしんどいことをしなくても、手を放せばいいじゃない。

いつまでも、自分は被害者だと思いたいなら、離婚して相手を責め続けたほうが楽だと思うけれど?

妻の思いをくもうとできないのなら、離婚してさっさと加害者という立場から解放されたら楽だけれど?

けれど、こういうご夫婦はどちらも手を放すぞ!と脅しながらも、手を放しません。

なぜか?

手を放して一人ぼっちになるよりは、お互いをとことん傷つけあっても 
接触をもちたい。

マイナスであっても、向き合っていたい。

という気持ちを実は無意識にもっているからです。

人は一人では生きていけません。

この人がいなくなれば、自分は孤独になる。

と思い込んでいるから、手を放すのが怖いんですよ・・・

そして、何度もそうやって脅されていると、慣れてしまいます。

どうせ、言うだけでしょう?って。

そしてまた、少しでも相手を自分の思う通りにしようと、腕に力を込める・・・

手繰り寄せられないように力をいれて引っ張り返す。

そうやって傷だらけになっていく・・・・

一番いい方法は?

手を放さず、力だけお互いが緩めて、綱をたどって相手のところまで、自分の足で歩み寄る。

そうすると、距離が縮まって、相手の体に触れるところまでこれますよね?

さて、どちらから歩み寄りますか???

綱引き、負けたくないですか?

もし、傷ついた方が先に力を緩めたら・・・

それでも、自分の思いとおりにしようと力を入れて引っ張るのが夫なら・・・・

そのとき、手を放すことを真剣に考えればいいと思うんです。。。

どんなに力をいれても手を放さなかったのが夫なら、こちらが力を緩めたら、
相手も力を緩めるのではないかなと思います・・・

だって、勝負する必要がなくなりますから。。。