夫婦再生のヒント

闇を知る者が光を知る

2013/01/25

自分の心が落ち込んでいるときは、幸せそうな人がやたら眩しく感じることも、あるかと思います。

満面の笑みで、本当に幸せを感じている人というのは、実は闇を知っている人

この世の中には光と闇が必ずバランスをとっています。

光というのは、明るいところではあまりありがたみもなければ、きれいだということもありません。

闇があるからこそ、ありがたいしきれいだと、感じるのです。

幸せという光も同じく、不幸だと感じた経験があるから、光にたどりつけているのです。

不倫されると目の前は闇ですよね。

なんの光もない暗闇に一人ぼっちのような孤独感に襲われます。

でもそこに一生留まり続ける人もいません。

必ず脱出できるのです。

闇の中でほんの少しでもいい。

光を見つけることができれば、それを離さないこと。

その光を辿れば必ず闇から抜けることはできるのです。

私は私とご縁のあった方と共に、その人が歩きやすいように、隣で懐中電灯をもって足元を照らす役目をしているだけです。

一度通り抜けた闇ですから、どうすれば抜け出せるかというのを熟知しています。

なので、その人の歩幅に合わせて一緒に歩いています。

恐怖感でいっぱいの人も、不安でいっぱいの人も、怒りでいっぱいの人もいろんな方がいらっしゃいます。

でも、どんな人も絶対そこで立ち止まることはないのです。

自分の足でちゃんと光の方向へ歩いています。

ただ、初めてのことなので先がみえなくて辛いのです。

大丈夫。

もしかしたら、出口はもうそこまできているかもしれませんよ?

闇の暗さを知ったあなたは、必ず光にたどりつくようになっています。

だから、安心して少しずつでも、前進しましょうね!

光に向かって!