夫婦再生のヒント

「べき」はいらない

2013/01/12

べき思考(~~するべきという考え方)を手放したら、周囲の人の自分への愛情が感じられるようになってきました。

という話を昨日の電話サポートの中の声でした。

他人とは仲よくするべき

他人には好かれるべき

なんていうべき思考をお持ちの方、けっこうたくさんいらっしゃるのではないかな。

他人と仲よくして、好かれるとしたら、すごくいい関係を築けますよね!

でも、それってそうする「べき」というものではないのです。

そうできればいいけれど、そうできない人たちもいる。

自分がどうであっても、批判や否定をする人って中にはいるし。

他人と仲よくしなければいけないから、自分の心を抑えてしまうとしたら
それって、結局うまくいかなくなるのは、時間の問題です。

夫婦も同じ

夫婦は仲よくあるべき。

ということではなくて、仲よくしたいから仲よくする。

それだけのこと。

なので、仲よくできなくなる場合もあるのです。

言いたくないことを言わなければ先に進めないこともあるのです。

言いたくない。= 嫌われたくないから言わないということを選択をして、そのまま夫婦関係を築いても、結局仲のいいのは、上っ面だけのこと。

それって仲がいいということではなくて、喧嘩のない夫婦、上辺穏やかな夫婦関係というだけです。

自分と相手は違う人間

そこを認め合うというのが基本ですが、どうしても言いたいこと。

それも言い合う関係性こそが理想だと思います。

もちろん、傷つけあうような言い方はNGですが。

相手を思いながら、言葉を選ぶのもコミュニケーションの基本ですね。

まずは、べき思考を手放して、自分の気持ちを素直に伝えていくという夫婦関係を目指したくないですか?(*^_^*)